« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年5月

2014.05.24

オー!ファーザー

見てきた。舞台挨拶つき。
東京国際映画祭の時に見たので、2回目。
その時も思ったけど、やっぱ伊坂さんの「オー!ファーザー」っていう物語が持つ力か
すごいのよね。だからこの映画も面白い。好き。
東京国際映画祭の時の感想はここ

岡田将生くんは、伊坂さんの世界にあってると思う。万城目学さんの世界にもあってる
けど、違う意味で^^;。伊坂作品の岡田くんは、ナイーブで繊細な少年と青年の中間な
感じ。万城目作品の岡田くんはヘンな子^^;。

舞台挨拶の時に佐野史郎さんが、お母さんが1度も出てこないのは、実はお母さんは殺
されて庭に埋められてるからだって言ってたんだけど、目からウロコでした。佐野さん
は、自分のパブリックイメージは、そういう感じだって言ってましたが、確かになー^^
;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.23

悪夢ちゃん the 夢ovie

期待してたんだけど、もう一つだったかなあ。
なんか、冗長なのと、ちょっと説教くさい気がして^^;

ただ、成長して思春期を迎えた悪夢ちゃんが、ちょっと捻くれてたり、おじいちゃんや彩未先生に反抗的な態度をとったりするのが面白かった。

もう無条件に自分の夢は見られたくなくて、おじいちゃんに自分の夢を見たら、もう知らない間に歯ブラシを替えてあげないし、一緒に洗濯もしてあげないって言う悪夢ちゃんが可愛かったなあ。

木村真那月ちゃん自身も少し大人っぽくなっていて、いつまでも彩未しぇんしぇいって言っててほしいけど、そうはいかないよね。
そんな少女の儚さとか危うさを堪能するっていう意味で楽しめました。

大人っぽくなった悪夢ちゃん=真那月ちゃんも、かわいかったなあ。あと、テレビ版の時も思ったけど、悪夢ちゃんの着てるお洋服、可愛いくて好み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »