« クザリアーナの翼 | トップページ | フルモンティ »

2014.02.13

僕のいた時間 #6

「会わなきゃいけない人には会う」っていう言葉がここにきて生きてくるとはね。
就活で初めて会ってからの1回目の再会と、今回ALS患者としての2回目の再会、2つの偶然がこの言葉によって必然になる、と。うまいなあ。

てか、うまく動けない拓人を演じてる春馬くんがすごすぎて、笑うしかないよね。
で、目標を見つけることが目標って明るく言う拓人=春馬くんがいじらしくて切なくて、、、笑いながら泣いたw。

今回は、陸人の話がメイン。
拓人、ただでさえ病気で大変なのに、弟の心配もしなくちゃいけないって、、、気の毒。
でも、お母さんに「お前のせいだ」って言ったり、拓人に泣きながら「助けて」って言えたってことは陸人的には進歩なんだと思う。拓人のおかげで、陸人は自分が何気なく言う言葉が他人を傷つけるんだっていうことがわかって、この後、陸人は変われるんじゃないかなあ。
でも、陸人は結局医者にはならないんだろうか。恐竜の恥骨についてあんなに嬉々として語るってことは、医者より考古学とかそういう道に行きたいってことよね。
それとも、拓人にちゃんと自分のことを言えたことで、この後もう一度医者を目指すっていう流れになったりするのかな。澤田家としては、兄弟のどっちも医者にならないっていうのは困るわけだし。
恐竜の恥骨と運動の話って、外科とか整体とかそういう方面と関係しないかなあ?しないかw。


○お父さんは、ALSの拓人にちゃんと会ってないのね。
 ALSの情報を手当たり次第に集めて持ってこられても、困っちゃうよねw。
 お父さんはお父さんなりに拓人を心配してるんだろうけど、、、。
 この後、澤田家はちゃんと家族として拓人を見守っていけるのかなあ。
 そうなってほしいけど、、、拓人のために。

○やっぱ、守と拓人の場面はほっとする。
 変に同情するんじゃなくて、昔からの友だちとしてニュートラルに拓人に接するのがいいなあって。

○守と陽菜って、週三で会ってるのに付き合ってないし、Hもしてないのかw。へんなの。
 拓人に「ほんとにつきあってるの?」って言われて慌てる守がかわいかったです。
 っていうか、あの場面、好きだなあ。

○陸人は不用意な言葉で他人を傷つけてきたけど、恵の言った「そんなんじゃ友だちなくすよ」っていうのも
 けっこうひどいと思ったけどなあ。
 まあ、陸人には伝わってなかったみたいだけどw。

○恵はこのまま工さんと結婚すればいいと思うの。
 陽菜じゃないけど、工さんは2番目に好きな人なんだろうし。
 工さん、意味ありげに出てきた割にはいい人だし。
 恵と結婚するっていうのを、自分の口からちゃんと拓人に告げたし。
 でも、拓人のALSのことを知った恵が1番好きな拓人のそばにいようとして
 その気持ちを知っている工さんが身を引く的な流れになりそうなんだよね。
 それにしても、工さん初登場の時のあの裏になんかありそうな感じはなんだったんだろう。
 てか、この後まだなんかあったりしてw?

|

« クザリアーナの翼 | トップページ | フルモンティ »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/59122588

この記事へのトラックバック一覧です: 僕のいた時間 #6:

« クザリアーナの翼 | トップページ | フルモンティ »