« ダンダリン #1 | トップページ | 唐版 滝の白糸 »

2013.10.05

「猫侍」と、「黒猫、ときどき花屋」

どちらも今期のドラマ、それも猫が重要な役割を担っているドラマです。
猫侍は、「飼い主を骨抜きにする魔を持つ猫」である玉之丞と、玉之丞を斬れと言われて斬りに行ったけど斬れずに連れて来ちゃう侍(北村一輝)とのお話。

「黒猫、ときどき花屋」は、事故で夫を亡くした若き未亡人(平愛梨ちゃん)と未亡人に恋するバイトくん(林遣都くん)と、黒猫のクミちゃんの中にいる夫の幽霊(谷原章介さん)とのお話(あれ、この設定、どっかでw)。
ちなみに、黒猫のクミちゃんは未亡人が店長をやっているカフェにいて、カフェのお客さんの悩みを占いで解決してくれるっていう設定。Yesって書いてあるお皿とNoって書いてあるお皿にキャットフードを入れて、クミちゃんにYes/Noで答えられる質問をすると、クミちゃんがどっちかを食べるので、食べた方が答えっていう仕組み。
カフェのお客さんの悩みが横軸、未亡人とバイトくんと幽霊の話が縦軸っていう感じかな。

玉之丞は白猫で、クミちゃんはもちろん真っ黒。どっちもかわいい。
でも、クミちゃんが基本カゴの中に入って動かないのに対して、玉之丞はちょろちょろするので、今のところは玉之丞派です。なんて言っても「飼い主を骨抜きにする魔を持つ猫」ですからね。ま、見た目普通の白猫だけどw。

前期のドラマでは、あまちゃんに出てきた夏さん家の三毛ちゃんが超かわいくて、もう見れないっていうある意味「あまロス」を玉之丞とクミちゃんに癒してもらおうと思います。

猫が主なので、お話は二の次ですけどw。

|

« ダンダリン #1 | トップページ | 唐版 滝の白糸 »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/58325083

この記事へのトラックバック一覧です: 「猫侍」と、「黒猫、ときどき花屋」:

« ダンダリン #1 | トップページ | 唐版 滝の白糸 »