« オー!ファーザー | トップページ | リーガルハイ 第4話 »

2013.10.27

リーガルハイ 第3話

だんだん「らしく」なってきたよね。

不細工とかブスとか普通はタブーとする言葉をどんどん使って不細工は悪かのような主張をしつつ、容姿で人を判断することそのものよりも口では人間は心だと言っておきながらその実容姿で判断している世間の風潮を嘲笑っている。
古沢さんのこういう切り口、大好きだ。

古美門先生は、エキセントリックで偽悪者のようだけど、ほんとはすこぶる常識人だと思う。
だけど、古美門先生にとって自分の信じる正義と依頼人を裁判で勝たせることとは別のことなんだよね。
だから、熊井を勝たせた後、さりげなく
ほのかさん、あなたの人生を捧げるに値する男性は他にもいくらでもいますよ。けっしてこんなのではなく
なんてことを言う。
依頼人だから勝たせたけど、実は「こんなの」扱いだという。
このセリフを言った時の古美門先生=堺さんの表情がよかった。おちゃらけてなくて真剣で、古美門先生の本質を表現してた気がした。
#「篤姫」で、バカ殿のフリしてた家定が篤姫が池に転落しそうになった時に真顔になって助けた、あの表情を思い出した←このシーン大好きなのですw。

そして、今回やられたーって思ったのは、離婚を受け入れる決意をしたほのかがいったセリフ。
ブスはね、ブスなりに生まれもった自分の顔が好きなの。でも好きになれないようにまわりがするんだもん、仕方ないじゃない
すごいよね。

今後がますます楽しみになってきました。

|

« オー!ファーザー | トップページ | リーガルハイ 第4話 »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/58460221

この記事へのトラックバック一覧です: リーガルハイ 第3話:

« オー!ファーザー | トップページ | リーガルハイ 第4話 »