« 小暮写眞館 | トップページ | ラスト・シンデレラ 第2話 »

2013.04.13

ラスト・シンデレラ 第1話

うーん。困った。予想はしてたけど、あんまり好きな話じゃない(笑)。登場人物に感情移入できないし。

でもでも、その分、三浦春馬くんのPVとして思いっきり楽しめそうでよかった(何がw)。
生まれて初めて、録画したドラマを編集して、1人の役者さんのシーンだけ抜き出そうって思いました。
#あと、橋本さとしさんのお店に行きたい!

その春馬くんの登場シーンで一番印象に残ったのは、市川由衣ちゃんとのベッドシーン。広斗が寝てる時、由衣ちゃんに肩のあたりにキスされて目が覚めるところ。
彼女に背を向けてる時はすっごく醒めた冷たい表情なのよね。で、彼女の方を向いた瞬間、一瞬でその表情は消えて満面の笑顔になるけど、その笑顔はうわべだけなんだろうなってわかる。ああ、広斗はこの子のこと少しも好きじゃないんだろうなっていうのを感じさせるシーンだよね。これは、その後千代子から電話がきて、上に乗せてた由衣ちゃんを無造作に脇にどけるところで決定的。
ここらへんの春馬くん、サディスティックな感じですごくよかった。
ベッドシーンは初めてって言っても、春馬くんの演じてきたキャラは、女子中学生や女子高生を妊娠させたり、教師なのに教え子と関係を持ったり(ほんとは違ったけど)してきたので、イメージ的にはそれほど乖離しているわけじゃないのよねw。
だけど、このサディスティックな冷たい表情は、今までにない感じで新鮮でした。いいじゃん!

このあと広斗がどう変化していくかはわからないけど、今の時点では女に執着してないっていうか、女を愛せない感じに見える。千代子の言うことはほいほい聞いてるようだけど、別に千代子のことが好きなわけじゃなくて、打算だと思うんだよね。お金のため的な。
うわー、最低なヤツでうれしい(笑)。
#これが実は男しか愛せない、とかだったら最高なんだけど、ないよねーw。
 ラストフレンズじゃあるまいし。って、あれ?「ラスト」シンデレラ?プロデューサーがラストフレンズの中野利幸さん?ま、まさかの?

で、これはファンの贔屓目かもだけど、広斗って最低なヤツといっても、根っこから腐ってる感じはしないのよ。それは、役作りなのか演出なのか、三浦春馬っていう役者が持つ個性なのかはわからないけど。
この後、弄ぶつもりで近づいた桜の純粋さにいつのまにか惹かれていく広斗、みたいな展開と予想。

以下、春馬くんメモ(笑)。
鬱陶しいと思いますのでたたみます。

○BMXのシーン。最初の方の高く飛んだり捻ったり回ったりするところは吹き替えだけど、途中の軽くジャンプするところは春馬くんだよね。
 様になってて、カッコよかったです!

○合コンパーティーの会場で千代子に舌を出すとこ、好き!!
 この表情が悪そうな感じなんだけど、超カッコかわいかった。
 あと、千代子に促されて渋々桜の方へ行くときに、声は出さずに「了解」っていうところも!

○「僕のシンデレラ」っていうセリフは、いかにもな感じでうそ臭い。
 うそ臭さを狙ってるんだろうけど。でも、カッコよかったですw。

|

« 小暮写眞館 | トップページ | ラスト・シンデレラ 第2話 »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/57163052

この記事へのトラックバック一覧です: ラスト・シンデレラ 第1話:

« 小暮写眞館 | トップページ | ラスト・シンデレラ 第2話 »