« ストロベリーナイト | トップページ | 脳男 »

2013.02.17

鈴木先生トークショー <鈴木先生 補習4>

先週に引き続き、行ってきました。鈴木先生のトークイベント<鈴木先生 補習4>。
先週行ったからもういいかなって思ってたけど、ゲストが窪田正孝くんていうじゃないですか。これは鈴木先生ファン&窪田くんファンとしてはマストのイベントだろうと思い、いそいそと行ってきました。
窪田くんと言えば、ここにきての勢いはちょっとしたもので、横浜映画祭新人賞受賞、高崎映画祭助演男優賞受賞からのanan、そして週刊朝日のグラビア(!)に載るとか、デビュー当時から応援してる身としては感慨深いものがあります。そんな窪田くんが参加のイベントなので、劇場の雰囲気は先週とはちょっと違ってキラキラしてましたねw。
ただ、そうは言っても窪田くん演じる白井は、キーになる役とはいえ、出演時間は10分にも満たないという役。果たして40分もの時間がもつのか?とドキドキしていましたが、そんな心配は杞憂で、MCの宮本さんがたくさん質問をふってくれたおかげで、いろいろな話で盛り上がりました。楽しかった!

一番印象に残ったのは、窪田くんが白井役に決まった経緯。
オーディションだったそうなんですが、プロデューサーさんや監督の河合さんによると、最初の見た目はそうでもなかったけど、いざセリフを言って演技したところを見て、満場一致で決まったそうです。
窪田くんていうと、似たようなオーディション話があって、ケータイ捜査官7や舞台薄桜鬼~新選組炎舞録~の時もそうだったらしいです。以前から窪田正孝=北島マヤ説を提唱しているんだけど、やっぱりな、という感じですw。

窪田くんは、短髪の白井くんとは全然違うビジュアルで(当たり前だけど)、週刊朝日に載ってたようなサラサラヘアの爽やかなイケメン君でした。

以下、思いついた順に箇条書きでまとめます(たたみます)。

○オーディションの話。
 監督が、窪田くんのことを今でこそすごい人になっちゃったけど、当時は今ほどじゃなくてオーディションに来てくれた、みたいな話をしてくれて、窪田くん、監督とかプロデューサーさんの「窪田アゲ」にすごく恐縮してました。
 そういうのやめてくださいよう、とか言って。
 そういう話に対してほんとに居心地が悪そうで、なんか微笑ましかったです。

○オーディションでは白井のいろんなパターンを演じた。
 ※監督は、不良不良していない窪田くんがおもしろいって思ったそう。

○窪田くん、ドラマを見ていて、職員室や教室は絶対ロケだと思ってたら、どっちもセットでびっくりしたそう。
 私もそう思ってたから、同じくびっくり。

○白井がはいていた白いニッカボッカの話。
 窪田くんが人から聞いた話によると、白いニッカボッカって、汚れが目立つから、その世界ではベテランの職人さんがはくものなんだって。
 下っ端は、黒とか紺とかをはくらしい。
 なので、白井くんが白いニッカボッカをはいてるっていうのは、どういうことなのか、と。
 実は、家に何本もあるとか、毎日こまめに洗ってるとかだったりしてって言ってたのがおかしかったです。

○白井登場のシーン。
 学校の入り口で夕輝壽太くん(スターダストの先輩)演じる続木先生と押し問答するシーン。
 鈴木先生役の長谷川さんや監督他スタッフはみんな2階にいたそうで、1階にいたのは窪田くんと壽太くんだけの二人ぼっちだったそうです。
 で、二人でいろいろと小芝居してたそうなんですが、みんな遠くにいるので、「届いてないよね」って言ってたらしい。

○白井の演技
 職員室の白井の演技もいろんなパターンを撮ったそう。
 で、OKが出たパターンのどこがよかったのかっていうのは窪田くん的にはよくわからなかったんだって。
 でも、たんたんたーんてあんまりためずにテンポよく言ったのがよかったのかなって話してました。
 このシーン、窪田くん的には「鈴木先生に爆弾を投げる」ことがテーマだったので、どう爆弾を投げるのかについていろいろ考えてたらしい。
 あと、最後、岡田ちゃんに手でバイバイってやるところ、あのしぐさは窪田くんオリジナルなんだって。あれ、かわいいよねw。

○窪田くん、試写を見た時に、最後、神田マリの「自分の世界で必死でがんばってるから」っていうセリフを聞いて、白井の役目は果たせたって思ったそう。
 ※深いね。

○窪田くん、鈴木先生のドラマは録り溜めて後でまとめて見たらしい。
 ※ちなみに、窪田くんが録り溜めてたっていう話を聞いて、プロデューサーさんと監督が、視聴率が上がらなくてもみんな録り溜めて見てるんだよ、みたいな話をして、窪田くんがプロデューサーさんと監督に謝ってましたw。

○窪田くん、ドラマや映画を見て、生徒さんたちが自然だったって。
 だから、生徒さんたちに会いたかったらしい。

○長谷川さんの印象について。
 ドラマを見ていたので、職員室で長谷川さんを見たとき、「あ、鈴木先生がいる」って思ったそう。

○プロデューサーさんによると、窪田くんは、ドラマから参加しているかのように現場にすごくなじんでたらしい。打ち上げの時も自然にいた、とか。

 ※窪田くん的には白井っていう人間は他人に対して壁を作らない人っていうイメージで演じていた(観客の方の質問い答えて)らしく、それを実践してたのかなってちょっと思った。
 窪田くんて、過去の話を聞くと、今演じている役にはまり込む憑依型の俳優さんみたいなので、現場に来た時には既に他人に対して壁を作らない白井になってたからじゃないのかなあってちょっと思った。ま、そもそも窪田くんの人柄がそうなのかもしれませんが。

○観客の方の、窪田くんには今でも会いに行く先生がいますかっていう質問に答えて。
 高校の時の先生で、ずっと連絡を取ってる先生がいるんだそう。生徒よりのイケイケな先生だそうです。
 ※ちなみに、男の先生だって。
  MCの宮本さんが言ってたけど、これが女の先生だとちょっとまずいよねってw。
  確かに、「窪田くんが今でもちょくちょく連絡をとって会いに行くイケイケの女教師」って、ヤバいかも。
 でも、そんなドラマをちょっと見てみたいw。

○演じる時に、脚本家のことは意識しない。
  ※どうしても窪田くんに古沢さんのことを聞きたくて、古沢さんと絡めて質問したんだけど、答えるのが難しい質問になっちゃってすみませんでした。

|

« ストロベリーナイト | トップページ | 脳男 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/56784008

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木先生トークショー <鈴木先生 補習4>:

« ストロベリーナイト | トップページ | 脳男 »