« 朗読劇 緋色の研究 | トップページ | 舞台版 里見八犬伝 »

2012.10.14

悪夢ちゃん

ほとんど予備知識のないままに見たけど、おもしろかった。
恩田陸さん好きなので、それなりに期待はしてたけど。
てか、恩田さん原作っていうわけではないのね。公式サイトによると、恩田さん原作の「夢違」のアナザーストーリー的なお話なんだって。
#ちなみに、恩田さんの小説で一番好きなのは、「六番目の小夜子」。これはドラマ版も大好きです。キャストが奇跡w。

予知夢とか、夢診断とか、一見荒唐無稽だけど、本筋の物語はけっこう現実的でシビアな問題だっていうのがいいよね。こういう切り口もあるんだなあ。リーガル・ハイも然りだけど、やっぱ、作りようによっては、まだまだユニークでおもしろいドラマができるっていうことだよね。

北川景子ちゃんは、こういう腹黒な感じのヒロインって合ってるよね。子役の木村真那月ちゃんもいい感じ。うまいよねー。やっぱ最近の子役はあなどれませんな。

それにしても、私的には未だに北川景子ちゃん=セーラーマーズなのよね。実写版セーラームーンは、脚本が小林靖子さんで、なかなかの傑作だと思っております。無理にオススメはしないけどw。

|

« 朗読劇 緋色の研究 | トップページ | 舞台版 里見八犬伝 »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/55884652

この記事へのトラックバック一覧です: 悪夢ちゃん:

« 朗読劇 緋色の研究 | トップページ | 舞台版 里見八犬伝 »