« サイケデリックペイン | トップページ | すうねるところ »

2012.09.01

ひみつのアッコちゃん

見てきました。新宿ピカデリー。舞台挨拶つき。
おもしろかったです。題材が題材だけど、それほど子供っぽくはない。
魔法の鏡という非日常のアイテムはあるものの、意外に普通の物語。想定通りというか、安心して見ていられるというか。深く考えなくていいというか。
でも、直球すぎて、今の私には見てて辛くなるところもあったかな。なんか、私も大人になっちゃったんだなあ、みたいな。さすがに子供に戻りたいとは思わないんだけどね。


以下、ネタバレ含みます。

ものすごくざっくりまとめると、人の意見は最後まで聞きましょう、ズルしてはいけません、て、学校で先生に教わらなかった?((C)榮倉 奈々)っていうお話なのかな、と。
ただ、裏に隠されているのは、紫の上、あしながおじさん、ウサギドロップのようなテイスト。少女を育てて結婚する、的な。もちろん視点は少女の方だけど。

・岡田将生くんて、素はアホの子なのに、演じてると全然違うのよね。当たり前っちゃ当たり前なんだけど。今回はちゃんと新進気鋭のできるサラリーマンに見えたもんなあ。

・主役の二人の素は、バカップルw。吉田里琴ちゃんの方がよっぽど大人だった。

・香川さんが「鏡の精」。なんでも断らないなあw。

・中の人が綾瀬はるかちゃんていう体の大杉漣さん、きもかわいかった。ご本人は、他の役を演じられるなら、アッコちゃんがをやってみたいんだってw。

|

« サイケデリックペイン | トップページ | すうねるところ »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/55579511

この記事へのトラックバック一覧です: ひみつのアッコちゃん:

« サイケデリックペイン | トップページ | すうねるところ »