« 都会の猫 | トップページ | キツツキと雨@東京国際映画祭 »

2011.10.22

シャッフル

見てきました。シネマート新宿、舞台挨拶つき。

楽しかったー!舞台挨拶。ムロさん最高。いろんな意味で(笑)。
舞台挨拶は、金子ノブアキ、賀来賢人、鎌刈健太、ムロツヨシ、市川亀治郎、及川拓郎監督のみなさん。
とにかく、5人がすごく仲良さげで、そのわちゃわちゃぶりが激萌えでした。

映画そのものももちろんおもしろかった。もともとが舞台の密室劇です。
っていうと「キサラギ」を連想するけど、少し趣が違います。事前情報はざっくりとしたものしか入れていなかったので、てっきり「キサラギ」風なものだと思ってた。それがいい意味で裏切られました。
どういうお話かを書こうとするとネタバレになってしまうので、導入部だけを説明すると、5人の男が「とある商品のモニター」という名目である場所に集められ、いろんな課題をクリアしていく、っていうもの。……なんだけど、最終的には全然違う話しになっちゃいます。どう違うかは言えない(笑)。見てのお楽しみって感じです。
何が真実で何がウソで、誰が本当のことを言っていて誰が裏切り者なのか、二転三転していきます。
そして最後には愛とハードボイルドが残る、みたいな感じかな。って、なんのことやら、ですね(笑)。わけわからん、って思った方は、ぜひ劇場で確認してください。
キャストはみんなくせ者揃いで見ごたえがあります。亀治郎さんなんて、怪しいの怪しくないのってw。すごく楽しそうでした。あと、賀来賢人くん=眼鏡男子がステキです。すごく重要なおいしい役でした。
2時間くらいある映画だけど、スピード感のある演出とキャストの熱演で最後まで間延びすることなく飽きずに見られます。
1つ難を言うと、もともとが舞台の話を映画にしているので、若干無理矢理なところがあるのね。舞台ならすんなりいけたハズの部分が、映像化したがためにちょっと歪みが生じた、みたいな。
ま、そうは言ってもそんなことは些細なことで、5人の役者さんたちがガッツリ絡み合って勢いのあるおもしろい映画になってました。
自分的にも確認したいことがあるので、もう一回、見に行きたいと思ってます。

|

« 都会の猫 | トップページ | キツツキと雨@東京国際映画祭 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/53055283

この記事へのトラックバック一覧です: シャッフル:

« 都会の猫 | トップページ | キツツキと雨@東京国際映画祭 »