« | トップページ | 髑髏城の七人 東京公演 »

2011.08.28

おひさま 第20週まで

戦争っていう一つの山を越えたら、若干トーンダウンというかパワーがなくなった気がする、、、。つまんなくはないけど。
あと、現代編はやっぱ蛇足だよなあ。最初の頃よりは少なくなったし、ちょっとはマシになったけど、やっぱいらないw。現代編がおもしろいっていう人、いるのかなw。

20週は、自分的におもしろポイント満載だったw。

○ここにも安藤サクラさん。
 微妙に「それでも生きていく」とキャストがかぶるのはなんで?

○丸庵にいるミツに親しげに話しかける和成。
  なんかデジャヴだと思ったら、「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」のジュンとカヨちゃんだった。

○「飯田小太郎とオクトパス」w

○最近よく見かける土屋太鳳ちゃん=小川さん=ハナちゃん
  桜欄高校ホスト部にも出てきたし。

○陽子が働いてる会社のシーンが、サラリーマンNEOだった件w。
  野間口さん、気の毒w

○須藤家の漫才シーン、好きだ。ほっとする。
  丸山家は、こそばい、というか、ちょっと気持ち悪いからw。

|

« | トップページ | 髑髏城の七人 東京公演 »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

初めまして!
特撮好きの者です。
特に仮面ライダーが好きで、
中でも龍騎は自分の中で色褪せない名作となっています。

さやかさんの龍騎の最終回の考察を
読ませて頂きました。
今まで、心の底から納得できる考察に出会えませんでした。
なにかもやっとしたものを感じていました。

でもさやかさんの考察を読んで、
やっと心にストンと優しく落ちるような
無理なく、そっかそうだったのかもしれない、
と思えるような解釈ができました。
もやもやが晴れました!
ありがとうございました。

こちらのブログは動いているようなので
こちらにコメントさせていただきました。
また見にきます(´∇`)

投稿: ゆいと | 2011.08.29 17:13

ゆいとさん

こんにちは。初めまして!
龍騎のページ、読んでいただいてありがとうございます。
私にとって龍騎は、ほんとにハマってハマって、忘れられない作品です。
最終回を見た後は、ほんとにどうしようもなくて、どこかに吐き出さずにはいられなくて、
それであのサイトを作りました。
もやもやが晴れたと言ってくださって、うれしいです!
書いた甲斐がありました。

龍騎がきっかけで特撮にどっぷりハマって、その後のライダーは見続けています。
その後のライダーもみんな大好きで楽しませてもらってます。
でも、、、私の中では未だに龍騎が一番なんですよね。

最近は、仮面ライダーの感想もすっかりご無沙汰しちゃってますが、フォーゼが始まるので、
また、ちょこちょこ書きたいと思ってます。
よろしかったら、またのぞきにきてくださいね。
それでは。

投稿: 沖野 | 2011.08.29 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/52584073

この記事へのトラックバック一覧です: おひさま 第20週まで:

« | トップページ | 髑髏城の七人 東京公演 »