« 大木家の楽しい旅行〜新婚地獄篇 | トップページ | プリンセス・トヨトミ »

2011.05.28

マイ・バック・ページ

見てきました。新宿ピカデリー。舞台挨拶つき。
チケットがとれたら、マイ・バック・ページ→プリンセストヨトミのハシゴしようと思ってたけど、チケットとれず。ぴあの抽選て、当たったためしがないよ。あ、当たらないのは、ぴあの抽選だけじゃないですけどw。
でも、結果的には正解だったかな。このあとハシゴするのはちときびしいかも。や、決して疲れたから、とかそんな単純なことじゃなく、見終わってじっくり反芻したいっていうのが正直な気持ちだったので。

おもしろかったです。長くて重い話だけど。ちゃんとエンターテイメントになってると思う。だから、題材は題材だけど、おもしろかったって言う。ちょっと泣いたし。どこで泣いたかは秘密(笑)。

お話は事実が元になっています。原作は川本三郎さん。ご本人の体験がベースらしい。
主人公の妻夫木くんは、若きジャーナリストで、松山ケンイチくん演じる活動家を取材しているうちに自分の運命が大きく変わってしまう、という役。安田講堂とか三里塚とか出てくるけど、学生運動を描いた映画ではなく、学生運動を取材するマスコミ、っていうかジャーナリスト側のお話。で、ジャーナリスト側、といいつつ、青春映画にもなってるのね。経験の浅い若者だから、取材対象との向き合い方や自分の進む方向をまちがえる。まちがえて挫折するけど、そこからどう生きていくか、、、そんな問いかけを見る側に投げかけるような、そんなお話でした。舞台挨拶の時に妻夫木くんは、「挫折の物語」みたいなことを言ってましたけど。

妻夫木くん、よかったです。ここのところ、作品に恵まれてますよね。うらやましいなあ(なんでw)。
あと、活動家梅山を尊敬する若者役の中村蒼くんがよかった。中村蒼くん、いつのまにこんなにうまくなったんだろう。デビューしてすぐは、とても見られたものじゃなかったのに。あたりまえっちゃあたりまえだけど、成長してるのね。背も高くなってて、松山ケンイチくんと同じくらいだったし。って、私は親戚のおばはんか(笑)。

でも、なんと言っても妻夫木くんの先輩ジャーナリスト役の古舘寛治さんが、すっごくよかったです。いい味出してたなあ。南極料理人でも、ちょっとくせのある役を熱演してたけど。古舘寛治、じゃなくて、記者中平にしか見えないのよ。私が中平記者を知ってるわけじゃないのに。すごかったです。

女子では韓華恵ちゃんがよかった。華恵ちゃんを見たのはまだ少女のころだったけど、今やすっかり大人っぽくなってキレイになってた。って、またもや親戚のおばはん的な(笑)。

監督は「リンダリンダリンダ」の山下敦弘さん。
脇にはいろいろと渋い役者さんたちが出てました。
東のカリスマ活動家に長塚圭史さん。西のカリスマ活動家、京大全共闘議長前橋に山内圭哉さん。
あと、京大全共闘のメンバーでセリフもなんにもなくいるだけの役で「大木家の楽しい旅行」の本田隆一監督がいました(笑)。本田監督と山下監督ってどういう繋がりがあるのかと思ったら、大阪芸大時代の先輩後輩なんだって。

八日目の蝉もそうだけど、長くて重いのにおもしろい映画です。お時間のある方はぜひ。


以下、ネタバレしてるのでたたみます。

松山ケンイチくんもよかったです。この映画の松山ケンイチくんを語るにはどうしてもネタバレしちゃうので、たたみましたw。

松山ケンイチくんが演じてる梅山こと片桐っていう男は、活動家といいつつ、実は口だけの小物なのね。活動家に憧れてはいるけど、自分では何もできない。ただ口がうまいから周りが騙されちゃう。
実際にあった自衛官殺害も自分では手をくださない。でも、対マスコミにはさも自分が思想のためにやったかのように吹聴し、いざ殺人者として逮捕されると自分は手を下していないと言い逃れる、そんな俗物です。現代に生きてたら、それなりに持て囃されたかもなw。そんな人物。いかにもヤなヤツなんだけど、一方で宮沢賢治を愛し、ギターを奏でる純粋な面もある。だから、女子にも後輩男子にもモテる、という清濁併せ持つキャラクターです。けっこうむずかしいと思うんだよね。調子のいいヤなヤツではあるけど、主人公の沢田がつい信じてしまうっていう説得力も見せなくちゃいけないから。でも、松山ケンイチくんは、十分すぎるくらいに時には憎たらしく、時にはアホらしく、魅力的な梅山を演じてました。最初の登場シーンが、まだあどけない革命に憧れてるだけの少年、それがだんだん引くに引けなくなって周りを巻き込みながら自分自身を追い込んでいく、と。さすがっす。

たださ、実話が元になってるってことは、梅山のモデルになった人物もいるわけで、その人がここまでの人間か?っていうと、ちょっと疑問もあるのね。あくまで事実を元にしたフィクションなわけで、それなりにデフォルメしてるとは思うんだけど。

ま、それはそれとして、松山ケンイチくんがすごくよかった、と、そういう結論でw。

|

« 大木家の楽しい旅行〜新婚地獄篇 | トップページ | プリンセス・トヨトミ »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/51789344

この記事へのトラックバック一覧です: マイ・バック・ページ:

« 大木家の楽しい旅行〜新婚地獄篇 | トップページ | プリンセス・トヨトミ »