« 時計じかけのオレンジ:千秋楽 | トップページ | ゆき〜。 »

2011.02.06

GANTZ

見ました。まあまあおもしろかった。
それにしても、二宮くんて、情けない男の子を演じさせたら右に出る者はいないね。ジャニーズなのに。主人公の玄野計は「フリーター家を買う」の武誠治に通じるものがあって、なんか最初の方はデジャヴだった。そして二宮くんの泣く演技は芸術の域に達してる気がする。主人公に感情移入してないのにもらい泣きする、みたいな感じ。

加藤役の松山ケンイチくんは、松山ケンイチであって松山ケンイチでない、みたいな。今まで演じた役とは微妙に違う雰囲気。これもまたすごい。二宮くんが、今の松山ケンイチくんとは共演しとかないといけない、みたいなことを言っていたのもわかる気がする。

お話としては完結していなくて、「続く」っていう感じで終わり。最後にチラッと出てきた山田孝之くんと予告で出てきた綾野剛くんの不適な笑みが怪しすぎて、そこだけでも楽しみです。

以下、ネタバレしてるのでたたみます。

○吉高由里子ちゃんは、重力ピエロに引き続いてストーカーっぽい役。目立たない女の子っていう設定だけど、そんなわけないw。目立ちますって。重力ピエロはほんとはブスだけど整形したっていう背景があるからまだわかるけど、今回は、無理。あのかわいさで「あたしみたいな子に好きだって言われても・・・」んみたいなことを言ってたけど、説得力ないよなあ。吉高由里子ちゃんに好きって言われたら、うれしいに決まってるじゃん、、、っていうくらいかわいかったのです。

○後編への引きの前、なにやら戦隊物みたいな感じで終わってた。全員ブラックでしたけどもw。

○若葉竜也くんがどこに出てたのかわかんなかった。不覚だ。

|

« 時計じかけのオレンジ:千秋楽 | トップページ | ゆき〜。 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/50788811

この記事へのトラックバック一覧です: GANTZ:

« 時計じかけのオレンジ:千秋楽 | トップページ | ゆき〜。 »