« 舞台:時計じかけのオレンジ | トップページ | 時計じかけのオレンジ:千秋楽 »

2011.01.27

美咲ナンバーワン!! 第3話

窪田正孝くんがゲスト。
バスケ部の特待生で、大野くん演じる星田の元ライバルっていう役どころ。
メイン生徒のライバルなので、すごくヤな感じに描かれてます。ケンカシーンもあります。でも、バスケ部のエースっていう設定なのでガチバンみたいにケンカが強いわけではなく、大野くんには殴られそうになり、藤ヶ谷くんには胸倉をつかまれたりします。そんな窪田くんも新鮮。だけど、さすがに不良映画をこなしてるだけあって、睨む時の目力は迫力ありました。
で、ヤなヤツはヤなヤツなんだけど、根っから悪いわけじゃないっていう感じが、最初に登場した時からなんとなく見えてたんだよね。もしかして、心の奥の方ではやめちゃった星田を気にしていて、ほんとはいっしょにバスケやりたかったんじゃないかなって。やめちゃったことがショックでその裏返しで星田にひどいことを言ってるんじゃないかって。
そしたら、試合後の「悪かったな」ですよ。「脚、大丈夫か」ですよ。その時の表情が絶妙でした。星田を気遣う気持ちとか後悔とか許してもらえるかなっていう不安な気持ちとかが混ざったなんともいえない表情。さすがでしたなあ。このシーン、何回もリピりました。

以上、窪田くんオンリーの感想でした。ふふふ。

あ、本筋には関係ないけど、藤ヶ谷くんの役名って、和真くんていうのね。和真くんていうと、窪田くんと同じ事務所でガチバンでも共演している仲良しの佐野和真くんが思い浮かぶんだけど、、、。なんか、それだけで九条和真くんにも親近感がわいてしまうのでした。

|

« 舞台:時計じかけのオレンジ | トップページ | 時計じかけのオレンジ:千秋楽 »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/50698127

この記事へのトラックバック一覧です: 美咲ナンバーワン!! 第3話:

« 舞台:時計じかけのオレンジ | トップページ | 時計じかけのオレンジ:千秋楽 »