« 2010年10月期のドラマ | トップページ | 仮面ライダーオーズ 第4話「疑いと写メと救いの手」 »

2010.09.21

仮面ライダーオーズ 第3話「ネコと進化と食いしん坊」

「お前の方が先に死ぬぞ」
「それでも何もできないよりは・・・」

女の子を助けられなかったことって映司にとって相当なトラウマになってるのね。とにかく何かしないではいられない、と。映司がそういうキャラなのはよくわかったけど、毎回あの女の子の映像が入ると、若干くどい気がしてしまいます。映司のキャラを印象付けるためにあえて強調してるのかもしれないけど。それにしてもね。

映司とアンクの関係は、いまのところ微妙なバランスの上に成り立ってるけど、これがだんだんゆらいでいって、最終的にはお互いに信頼しあう関係になるってことでいいのかな。真司と蓮、良太郎とモモタロスみたいに。なんか、いろいろ思い出して切なくなるなあ。

アンクは自分が憑依した人間の記憶を自在に引き出せるのね。で、比奈が信吾の妹だってわかってめんどくさいから殺そうとするとか、ひどいw。でも、信吾の記憶があるのなら、その気になれば信吾のフリができるってことよね。もしかして、この先比奈のためにお兄ちゃんのフリするアンクが見られたりして。

それはそうと、三回目にして初めて気がついたんだけど、グリードのウヴァ、カザリ、ガメルの声って、普通の声優さんじゃなかったのね。ウヴァとカザリがD-BOYSの山田悠介くん、橋本汰斗くん。そしてガメルが松本博之くん。松本博之くんていえば、セーラームーンの四天王の一人、ネフライトではありませんか。東映の公式によると、そのうち中の人も出てきそうな雰囲気なので楽しみです。
っていうか、アンクを加えてまんま四天王な感じがします。靖子たん、こういう設定好きだよね。
よく考えると、オーズってよく言えば靖子たんの集大成、悪く言えば今までの寄せ集めって感じがしないでもない。テーマや映司のキャラもそうだし、アンクと映司の関係とかアンクが信吾に憑依するとか、四天王とか。ま、集大成でも寄せ集めでも好きだからいいんだけど。

○なんで食いしん坊のヤミーがネコのモチーフなんだよぉ。

○クスクシエって、バラエティに富んだお料理を出す、、、って言えば聞こえはいいけど、実は節操ないのねw。
 てか、映司はどんだけあちこち放浪してたんだw

○比奈ちゃん、生身でも強いw

○映司の洋服が1話と2話で着てたのと違うんだけど。
 新しいの買ったの?

○タカカンドロイドとタコカンドロイド、かわいいなあ。
 ディスクアニマルみたい。

|

« 2010年10月期のドラマ | トップページ | 仮面ライダーオーズ 第4話「疑いと写メと救いの手」 »

特撮」カテゴリの記事

仮面ライダーオーズ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーオーズ 第3話「ネコと進化と食いしん坊」:

» 仮面ライダーOOO 第3話「ネコと進化と食いしん坊」 [Hybrid-Hills]
仮面ライダーOOO 第3話「ネコと進化と食いしん坊」 [続きを読む]

受信: 2010.09.21 22:19

« 2010年10月期のドラマ | トップページ | 仮面ライダーオーズ 第4話「疑いと写メと救いの手」 »