« ホタルノヒカリ2 | トップページ | 2010年10月期のドラマ »

2010.09.14

仮面ライダーオーズ 第2話「欲望とアイスとプレゼント」

そっか。火野映司はあちこち放浪してる時にいろんなこと、それこそ目の前の子供の命を救えなかったみたいなことがあったから、命にこだわるんだね。で、子供の命を救えなかった場所がどこなのかわかんないけど、どこか紛争地みたいなヤバいところで。あの子供が泣いているシーンは、戦争とか内戦とかテロとかを連想させるシーンだったけど、そうすると、どうしてもその後のヤミーがビルを攻撃するシーンが911と重なっちゃうんだよね。しかも、放映日は9月12日だし。
龍騎の根底にあるのが「911」で、その時の脚本家が9年後の今、オーズを書いているっていうのは、意図的なのかな。火野映司を通して、靖子たん、、、ていうか、「仮面ライダーオーズ」っていう作品は、何を訴えようとしているのか。「命の大切さ」みたいなことなんだろうとは思うけど、その裏にもっといろんなことがあるような気がする。それについては、今後を見守りたいと思います。

今回、火野映司とアンクのコンビの関係性がはっきりしてきた。

 火野映司は一刻も早く人の命を助けたい。
  ↓
 アンクはメダルを集めたいから、ヤミーが成長するのを待たなくちゃいけない。
  ↓
 でも、火野映司に今死なれると困る。
  ↓
 だから仕方なく火野映司を助ける
  ↓
 火野映司、変身

こういう流れになるってわけね。そして、二人の間に「契約(約束)」ができた、と。火野映司は、いつでも好きな時に変身するっていう。

そのうち、アンクが火野映司に影響されて、メダルを集めるっていう目的云々に関係なく人の命を助けるっていう流れになったりするんだろうか。火野映司は火野映司で、龍騎みたいな「戦うことのジレンマ」に苦しむ日々がやってくる、と。湊先輩ならともかく、火野映司が悩むところをあんまり想像できないんだけどねw。

○ヤミーがビルを食べてしまうまで倒すのは待て、というアンクに
 「中の人がどうなったっていいっていうのかよ」って言って一人でビルに入っていっちゃう火野映司。
 生身の火野映司が一人でビルの中に入って行ったって、どうにもならないと思うのに、飛び込んで行っちゃうキャラなのね、火野映司は。
 真司くんぽいなあ。でも好きです。

○刑事さん、死んでなかったんだ、よかった。
 でも、瀕死の状態だからアンクが離れちゃうと危ない、と。
 なかなかおもしろい「枷」だと思う。
 あと、比奈と刑事さん(アンク)の今後が楽しみ。
 アンクって、ああ見えて火野映司とか比奈みたいにまっすぐ懐に飛び込んでくる系に弱い気がするからw。

○アンクは、アイスキャンデーが好きっていう設定なの?
 それとも、今回火野映司にメダルのことを説明するための道具として出てきただけ?
 コアメダルが棒でメダルがアイスキャンデーって、わかったようなわからないような説明w

○鴻上さんは、メダルを集めようとしている、と。
 アンクたちグリードが完全に復活するためにメダルを集めようとしてるのはわかるけど、
 鴻上さんが集めようとしている目的がもうひとつわかんない。

○メダルの音を聞いて、現場に行くっていう設定なのね。
 龍騎のキーンキーンていうのを思い出す。

|

« ホタルノヒカリ2 | トップページ | 2010年10月期のドラマ »

特撮」カテゴリの記事

仮面ライダーオーズ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーオーズ 第2話「欲望とアイスとプレゼント」:

» 仮面ライダーOOO 第2話「欲望とアイスとプレゼント」 [Hybrid-Hills]
仮面ライダーOOO 第2話「欲望とアイスとプレゼント」 [続きを読む]

受信: 2010.09.15 21:28

« ホタルノヒカリ2 | トップページ | 2010年10月期のドラマ »