« ブラッディ・マンデイ #2 | トップページ | ハンソデバンド »

2010.02.07

ブラッディ・マンデイ #3

J、死ななくてよかった。でも、藤丸を危険にさらしてスキを見てなんか伝えたかったっていうのは、考えすぎだったわw。ちぇ。
で、Jが言ってた藤丸のそばにいる「魔弾の射手のスパイ」って、結局水沢響だったってこと?うーむ。もうちょっと捻ってくるかと思ったけど、そのまんまだったなあ。っていうか、水沢響が敵側って、バラすの早すぎ。やっぱ、怪しすぎてひっぱれないんでしょうかw。
それにしても、「オレにはもう音弥と遥しかいない」とか、まがりなりにも自分に好意を持ってそうな女子の前で言うな、藤丸。しかも、その女子に「アタシもいるじゃん」とか言われてどぎまぎしてるし、、、。極めつけは、ちょっと心がグラっとしたとこで、敵だったってわかるとか、相変わらず藤丸ってスキありすぎw。ま、そこがいいんですけど。

今回の三浦春馬くん、水沢響に抱きつかれたあたりのあわてっぷりといい「そっか」っていう言い方といい、秀逸でした。あの「そっか」、かわいかったっす。

で、ちょっと思ったんだけど、水沢響に銃をつきつけられた時、侍に変身してみたらどうだろうか。望月小太郎なら「飛び道具とは卑怯なり」とかなんとか言って、あんな銃、手でなんとかしちゃいそうなんだけど。

そして、八木くん=ホーネット説は、ちがったみたいっすね。でも、あのまま八木くんは「魔弾の射手」のメンバーになるんだよね。八木くんみたいなポジションにいる子が武器を持ったら、ちょっと怖いよね。遥ちゃんのことを「偽善者」って言ってたし、これから高木兄弟にとって怖い敵になりそう。っていうか、私も遥ちゃん、対八木くんに限っては偽善者だと思います。わざわざ電話して、「私、八木くんのことが・・・心配なの」って、おい。「好き」って言うんじゃねーのかよって、八木くんじゃなくても思うと思います。
ともかく、いよいよ竹内寿くんの本領発揮っていう感じでうれしいです。

その八木くんだけど、彼がホーネットじゃなかったら、誰がホーネットなんだろう。
フードとってみたら、アミューズか研音の新人くんでした、とかはないよねw。

今回も音弥=佐藤健くんは見せ場たっぷりでよかったです。「オレが藤丸をコントロールする」とか「あいつはそんなヤツじゃない」とか、どんだけ藤丸大好きキャラなんだw。

先週、いかにも怪しげな感じだった加納さん、やっぱスパイじゃないんだよね。で、敵の罠にハマっちゃったけど、スパイの根拠が大金が振り込まれてたからっていうのはどうなんだろうw。説明できないっつったって、適当にごまかされたら終わりだし。ごまかされた時のために他になんか用意してたとか、そういう感じはなかったし。それに、ちょっとサードアイの情報流すだけで2億円もくれるテロリストってw。

来週は、折原マヤ死す、とか出てたけど、ほんとなんでしょうか。っていうか、先々週、銃で撃たれて血がたくさん出てたことが全くのスルーなのは、なんでなんですか。

|

« ブラッディ・マンデイ #2 | トップページ | ハンソデバンド »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/47498437

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッディ・マンデイ #3:

« ブラッディ・マンデイ #2 | トップページ | ハンソデバンド »