« 東京国際映画祭 | トップページ | 仮面ライダーW 第4話「Mに手を出すな/ジョーカーで勝負」 »

2009.10.23

笑う警官

笑う警官
見てきました。TOHOシネマズ六本木。舞台挨拶つき。東京国際映画祭の公式参加作品だそうで、公開前に一足先に。

おもしろかったです。原作がしっかりしてるのが大きいんだと思うけど、大森南朋さんを初めとするキャスト陣も渋くて個性的な面々を揃えていて、見応えがありました。

紅一点の松雪泰子さん、カッコよかったです。
あと、主要キャストの中では唯一の若手、忍成修吾くん、すごくよかったです。重要な役で、出番も多かったしw。チャラい小悪党を演じたら右に出るものはない忍成くんですが、この映画では珍しく正義感にあふれるまっすぐな新人警官です。このままずっと朱にまじわらずにまっすぐでいてほしいなあと思わせる熱演ぶり。ま、たとえ数年後悪徳警官になってても、忍成くんなら大丈夫だけど(何が?)。


舞台挨拶で、監督以下、原作の佐々木譲さん、キャストのみなさんが、口々にこの映画はスタイリッシュだとおっしゃっておられました。確かに、スタイリッシュでカッコよかったけど、若干、やりすぎ感も否めなかったような。無駄にカッコつけすぎでしょ、と思える場面もいくつか。
でも、全体的には骨太のサスペンスで、大変、満足です。


友情出演で松山ケンイチくんが出てました。ほんの一瞬ねw。予備知識がなかったので、うれしかったです。


一つびっくりしたことがあるんですが、上映が終わって外に出る時、出口でパンフレットを配ってました。試写会とかでも、チラシ、ポスターの類はあってもパンフレットをもらったことはなかったので、びっくりしました。ちゃんとしたやつ。たぶん、映画館で普通に売るヤツだと思う。すごいうれしかったけど、、、、でも、大丈夫なのかしら。余計なお世話?
ま、ともかく、角川さん、気合い入ってるってことはわかりました。

|

« 東京国際映画祭 | トップページ | 仮面ライダーW 第4話「Mに手を出すな/ジョーカーで勝負」 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/46563561

この記事へのトラックバック一覧です: 笑う警官:

« 東京国際映画祭 | トップページ | 仮面ライダーW 第4話「Mに手を出すな/ジョーカーで勝負」 »