« 陽炎の辻3 | トップページ | 2009年4月期のドラマ »

2009.04.27

クローズZERO II

見てきました。TOHOシネマズ六本木。舞台挨拶つき。大阪に主演の小栗旬くんがいて、それを3Dで中継するってやつね。六本木の観客には3Dメガネが配られて(後でちゃんと返すの)、それをかけて大阪の模様を見るんだけど、ほんとに飛び出して見えるのね。すごかったわ。ほんとに目の前にいるみたい。目の前っていうか、手を伸ばしたら触れるところにいる感じ。びっくりっす。大阪のみなさんは、いまいち何が起こってるかわかんなかったみたいだけど、六本木はかなり盛り上がりました。
六本木のゲストは、三池監督、やべきょうすけさん、金子ノブアキさん。スペシャルゲストで、村野 武範さん、マギー審司さん、どうも「飛び出す」にかけてたらしいw。
そして、、、下着天使ゴランジェリー(!)のみなさん。小栗旬くんが好きだからってことで呼ばれたらしいんですけど、、、生ゴランジェリー見れたのはうれしかったです。水着の上に、鳳仙学園の学ランをはおってて、かわいかったです。大阪からは六本木の様子は見れないので、小栗旬くんかわいそうだったわw。

映画は、2回目。やっぱ、おもしろいです。ぶっちゃけケンカしてるだけなんだけど。芹沢多摩雄、やっぱカッコいいです。芹沢の「ウチの大将」っていう言い方が好き。小栗旬くんはカッコいいけど、源治は、いまいちカッコよくない。でも、みんなに担がれるだけの引力はあるんだよね。ヤクザとか不良とか言ってるけど、源治はものすごくピュアなのよね。極めつけのシーンが、源治が1人で鳳仙に乗り込んでって、1人だと思いきや、後からみんなが続々と集合するとこ。振り返った源治の眼がみるみる赤くなるのよね。みんなを危険な目にはあわせたくないと思いつつ、でもやっぱみんながきてくれてうれしい、みたいな。あの源治はやっぱ高校生だよねw。

ま、好みで言えば、II より I の方が好きですけど、、、でも、すごくおもしろかったです。

|

« 陽炎の辻3 | トップページ | 2009年4月期のドラマ »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/44808621

この記事へのトラックバック一覧です: クローズZERO II:

« 陽炎の辻3 | トップページ | 2009年4月期のドラマ »