« メイちゃんの執事#4,#5 | トップページ | 仮面ライダーディケイド 第4話「第二楽章 キバの王子」 »

2009.02.13

ケータイ捜査官7 第40話 「桐原とサード」

考えてよ。忘れたの?考えるんだ、桐原さん

重い話だった。。。んで、とても19時台の子供番組とは思えない内容。
家族が不条理に殺されて、その犯人がネットで神格化されてるとか。被害者の血で文字が書かれてるとか。ネットにその犯人を騙るやつがいっぱいあらわれるとか。犯人は少年Aで、殺人を楽しんでる、とか。でも、子供番組だからこそ、真剣に作んなくちゃいけないのかなとも思う。

ネットは変った。
どんな被害者も加害者も、ユーザの前ではネタでしかない。

桐原さんは、家族を殺した犯人を追うためにアンダーアンカーに入ったのね。漠然と「ネットを憎む」とかそういうんじゃなくて、警官では限界があるから。
いざ真犯人を目の前にした時の桐原さんが切なかったです。それを見てるサードも、ケイタも。

オレは、お前がゼロワンを許したようにはできない

必死で桐原さんを止めようとするサードがすごく切なくて、、、桐原さんに投げつけられても立ち上がって、桐原さんの拳にしがみついて。桐原さんをずっと見ていたサードだから、桐原さんを殺人者にすることなんて、できなかったんだよね。サードがいじらしくて、辛かったです。そしてついには人格が崩壊して。。。
今回のサードは、胸騒ぎがしたり、桐原さんを想うあまり、キレちゃったり、人間のようだった。
でも、それが、逆に怖かった。サードの人格が崩壊したのが、ほんと怖かった。いろんな意味で。
あれは、ロボット三原則的なことで、サードはあれ以上桐原さんに逆らうことはできないっていうか、止めることはできないっていうことなんだよね。桐原さんを止めなければ桐原さんが傷つく、、、でも、止めることは桐原さんの命令に逆らうことになる。そこに矛盾が発生して、、、サードの人格が崩壊して、、、ディスプレイがあんな風になって、、、。

桐原ああああっ!やめろっつってんだろっ

桐原さまがあくまでも一線をこえるというのなら
私、本日限りでおいとまをいただきたく思います
ながながお世話様にございました


サードがキレる、って、ギャグのようにしようとしても、やっぱりそこに重苦しさはぬぐえないの。
サードはほんとに桐原さんのことを想ってるんだって、よくわかった。わかったけど、あれは今後のフォンブレイバーとエージェントにとって、よくないことを暗示してるような気がするんだよね。キカイ君の回で、どんなに便利なツールも、使う人次第ですごく危険なものになるっていう事を示したばかりだし、、、。フォンブレイバーは、既に並列分散リンクで人間の脅威になり得るっていうことがわかってるわけだし。
そこにサードの人格崩壊。。。来週の話は、セブンさんが自我に目覚める回らしいし。
これから最終回に向けて、どう展開していくのか、セブンさんたち「フォンブレイバー」にどういう決着がなされるのか、、、。イクスピアリで、窪田くんの最終回に向けてのメッセージを聞いたけど、終止符を打つ的なことを言っていて、、、なんか、すごく不安になるわけです。。うえーん。
ていうか、どう決着するにせよ、あと、何回かで終わっちゃうんだよね。それ考えると、ものすごく寂しいです(泣

そして、間明さんの登場ですよ。また、ストライプのシャツにVネックになってたけど。。。

まさに桐原の言う通りネットワークはかわらなければいけない
あかつきをきっかけにしてネットワークは澱んだるつぼに変ってしまった
誰かがたてなおさなくてはいけない

これから時代が動くよ
アンダーアンカーも重要な役割を果たすことになる
楽しみにしていてほしい


この間明のセリフは、イクスピアリで先行上映された、あの間明さんのCMに繋がるんだよね。
間明は、彼なりの正義で、人間を守ろうとしてるんだろうか。
それにしても、黒幕はいったい誰なんだろう。

そうだ桐原
ゆっくり話したいといってたよね
いずれ、きっとね

そう言って、笑っていた顔が急に怖くなる間明さん。
八誠さんのそういう顔怖いですぅ(うれしそうに)。

○ケイタはやっぱりケイタ。
 桐原さんがやろうとしてることをただ黙って見ていることはできないんだね。

○桐原さんとサードの出会い。
 サードのフィルムをはがす桐原さん。細かいよなあ。

○アカツキを殴ろうとして子供がいることに気がついてやめる桐原さん

○「お前もネットで消費されるネタになれ
 犯人役が野間口さんて、キャスティングが絶妙。すごくハマってるよね。

○サードを心配してかけよるセブンさん(涙

○ついに海斗に見られたよ。
 最後まで見られてほしくなかったんだけどw
 あわててリトラクトフォームになるセブンさんとサードさんがかわいかったです
 で、そんな時も冷静なゼロワンさん

|

« メイちゃんの執事#4,#5 | トップページ | 仮面ライダーディケイド 第4話「第二楽章 キバの王子」 »

特撮」カテゴリの記事

ケータイ捜査官7」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケータイ捜査官7 第40話 「桐原とサード」:

« メイちゃんの執事#4,#5 | トップページ | 仮面ライダーディケイド 第4話「第二楽章 キバの王子」 »