« から騒ぎ | トップページ | ブラッディ・マンデイ »

2008.10.13

花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~卒業式&7と1/2話スペシャル

楽しかった。相変わらず、バカドラマだったけど。っていうか、さらにバカになってた気が・・・w。でも、突き抜けちゃってるから、清々しかったわ(ほんと?)。連ドラの時からのお約束の場面、中津の1人芝居とか、オスカーの壊れっぷりとか、ニャロメとか、ちゃんとあったし、佐野様は相変わらずツンデレだし、カッコいいし、背景の生徒さんたちも、放送当時から状況が激変してる人もいて、いろんな意味で見どころいっぱいでした。
お話は、夏休みの一週間を軸に、瑞稀がいなくなった後の話と今までのダイジェストをうまくからめてた感じ。で、その夏休みの一週間では、中津とお母さんの話と、佐野と瑞稀&ジュリアの話が語られる、と。
で、、、なんか、いまさらだけど、難波先輩が異様にカッコよかったんですけど。おちゃらけてると思いきや、随所に寮のみんなを思いやる場面があってさ。世の女子は、そういうギャップに弱いのよ?何よ、あれ。反則だと思うわ。
水嶋ヒロくんの弱点は、密かに「演技」だと思ってたんですけど(そんなのラジオには送れません)、なんか、その弱点もなくなっちゃってる感じだったです。「Room of King」 見てても、あれ、なんか、うまくなっちゃってる、って思ったし。うわー、じゃあ、ますます無敵じゃん、水嶋ヒロくん。どうすんの。

ば~か。言ったはずだぞ、ここはお前の母校だって

てことで、いろいろ。
○中津の1人芝居、スペシャル版。最高におかしかったです。斗真くんさすがっす。古畑まで出てくるとは。
○そんで、佐野様の1人芝居まであるとは。しかも歌ってるし。
○バレンタインのイベント、なんでタキツバ?
○木村了くんのネグリジェ。つか、了くん、やっぱうまいなあ。キャットストリートでハンデを克服してヒップホップダンスを踊ってた少年と同一人物とは思えません。
○オスカーって、メタボ気にしてたんだ。って、高校生でメタボってw
○「そのタオル、オレの」by佐野様。「その水も、オレの」by佐野様。
○神楽坂くんが少女のようになっていましたが、どういうことですか。や、前から神楽坂くんは佐野様ラブだと思ってましたけど、あそこまで行っちゃうと、ちょっとw。「キスって人を狂わせる」んですか。そうですか。
○裕次郎Jr.、かわいい。
○佐野様の制服姿、ひさびさに見たけど、やっぱカッコいいです。特に、屋上で、ブレザーを着ないで、上がシャツにネクタイっていうのが、好きです。ギリで、サラリーマンじゃなくて高校生に見えたっす。背中のとこで、シャツがダボっとなってるとこが高校生かなって。

アイツがオレの前からいなくなるなんて、あり得ないから

○コの字型のコタツw。いいなあ、あれ。
○ひさびさのヨっちゃん。ステキ。
○美波ちゃん、キャピキャピの元気な役だったけど、「羊のうた」、では、儚げな美少女だったんだよね。小栗くんも、自分の運命に苦悩する繊細な美少年で、、、。その二人が、数年(7年?)たって、やっぱり高校生役で共演ていうのも、おもしろいっす。
○そして、佐野様の告白。きゃー。

好きだからに決まってんだろ

○バカ和こと尾嶋直哉くんが、背景にちゃんといたので、うれしかったです。
○オスカーの後任は、やっぱ八尾くんなのね。っていうか、あのマントを冷たく断るところ、完全に名護さんだったんですけどw
○野江くん、一瞬しかいなかったよ。ウルトラマンの映画で、忙しかったんでしょうか。
○関目くんと裕次郎の会話。なんか、バージョンアップしてたような。
○難波先輩がちゃんとサッカーやるとこ見たかったよう。
○サッカーの試合、最後なんで「お尻を出した子一等賞♪」の大合唱になるのだ。

そして、ラストって、佐野様と中津が、顔を見合わせて笑うとこで終わってたんですけど、あれだとなんか、佐野様と瑞稀っていうより、佐野様と中津がつきあっちゃってるようにも見えたんですが、考えすぎですか?中の人たちが仲良しだから、そう見えちゃっただけ?

で、なんか、やたら修学旅行の話なんか出てきちゃったりして、さては、修学旅行SPとか?

|

« から騒ぎ | トップページ | ブラッディ・マンデイ »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/42770346

この記事へのトラックバック一覧です: 花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~卒業式&7と1/2話スペシャル:

« から騒ぎ | トップページ | ブラッディ・マンデイ »