« 某競馬場 | トップページ | ケータイ捜査官7 第16話 »

2008.07.28

ROOKIES #11

すごかったなあ。何がすごいって、2時間スペシャルのほとんどが、目黒川との試合なわけですよ。つまり90分ちょっと、延々と試合のシーンをやってた、と。90分てことは、ほぼリアルで野球の試合を1試合放映したのと同じなんだよね。これって、ちょっとすごいことだと思う。ほとんど1試合まるまるって・・・。
でも、見ごたえあったなあ、試合。マンガが原作のドラマだから、「あり得ないっつーの」っていう試合なのかと思いきや、意外に厳しい現実があって、打てないヤツは打てないし、ここが勝負だと思った8回も、せっかく安仁屋まで打席が回ったのに、不運な結果に終わっちゃうし。
でも、やっぱり最後はドラマらしく劇的に終わったけどね。御子柴の逆転満塁ホームランて。ニコガクの野球は御子柴で始まったから、御子柴で完結するってことなのね。その前の「あきらめたヤツがバット振ってもあたらない」っていう言葉が、こうなることを暗示してたわけで。なかなかステキな逆転劇でした。
でもさー、たらたら歩いてダイアモンドを一周する御子柴にはちょっとイラっときたんですけど。もうちっとさくさく回れよと。ドラマだから歩いても走っても、回想シーンだなんだかんだって同じだけ時間がかかるんだから、せめて映ってる間は走っとけよ、と。何も歩かなくてもいいじゃんか、と。ちょっと思っちゃいましたけどね。
#あ、もしかして、小出くん、盲腸の手術後で走れなかったのかな。だったら納得。
 苦肉の策だったのかもしれないのか。でも、そういう意味では「歩いて一周」っていうのは正解だったのかもね。見てる方をイラっとさせるとこも含めて、ある意味御子柴らしいもん。

 で、結局、目黒川には勝ったものの、その次の試合で負けてしまい、甲子園は幻に終わったわけですが。なんか、スペシャルだの映画だのあるんだそうで。前回の感想で、今回甲子園行けなかったら、来年パート2やればいいじゃん、みたいなことを書いた気がするんですけど、パート2じゃなくて、スペシャルと映画ですか。なるほど。

・・・っていうか、最終回じゃないじゃん。続くじゃん。一応、終わったけど、、、終わってないんじゃん。
SP(スペシャルの略じゃなく)といい、そこまでされると若干萎えますけど、、、でも、映画っていうのは意外といい考えじゃん、て、ちょっと思っちゃいました。甲子園行かないと、お話は終わんないわけだしね。

でも、来春公開ってことは、またすぐ撮影なわけで、佐藤健くん、ドレッドどうすんでしょうか。他の人はなんとでもなるけど、ドレッドは一旦元に戻したらキツいんじゃないの?佐藤健くんも、他の仕事あるだろうし、、、そうすると、花沢類@小栗旬くんみたいに、カツラ?
って、余計なお世話なんだけど。

|

« 某競馬場 | トップページ | ケータイ捜査官7 第16話 »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

レゲエイマジン,憑いてましたねえ(笑)。

投稿: ちょび | 2008.07.28 05:17

ちょびさん

こんにちは。
レゲエイマジン、、、なるほど(笑)
確かに憑いてましたねー。
次は何が憑くんでしょうか。

投稿: 沖野 | 2008.07.28 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/41991149

この記事へのトラックバック一覧です: ROOKIES #11:

« 某競馬場 | トップページ | ケータイ捜査官7 第16話 »