« ちょうちょがこわい話 | トップページ | 仮面ライダーキバ 第23,24話 »

2008.07.20

ROOKIES #10

最終章ってことで、ゲストが豪華。渡部篤郎、鳥羽潤、古谷一行、半海一晃のみなさん。
新聞記者役の渡部篤郎さん、怪しい登場の仕方だったから、どんなすごいキャラなのかと思いきや、普通にいい人でちょっと肩透かし。あ、いや、別に、ガッカリしてるわけではないんですが、どうしても構えちゃうじゃん、どんなヤバい人なんだろうって。それが、競馬はロマンだって信じてる、しがない新聞記者だとは。
私が言うのもなんですが、競馬がロマンなんていうのは、甘いよ?負け惜しみ、とか言わないでっ。ロマンだと思っていつも痛い目見てる私が言うんだから、まちがいないです。くすん。

そして、ニコガクナインに因縁つける役で、高橋努、深水元基、小柳友。牧瀬、リンダマン、杉原。トライストーン、ブレス、スターダスト。・・・って、どんだけクローズZEROなんだよっていう話ですよ。もういいんじゃない?恋空とかやんないで、キャストそのままでテレビ版クローズZEROやっちゃったら。
ちなみに、ブレスって、ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、高野八誠さん所属事務所です。一番有名なのは麻生久美子さん。

ゲスト豪華で気合入ってんなって思う反面、正直、気合いれるとこ違うだろって気がする。そういうんじゃなくて、飛び飛びで放送すんの、なんとかしろって思うけど。盛り上がって来たとこでバレーボールっていうのが何回もあって、正直萎えた。バレーボールそのものをどうこういう気はないけど、もうちょっとなんとかできなかったのかって思うわ。だって、野球ドラマがとぎれてバレーボールよ?すごいがんばって丁寧に作ってるなって思うから、余計残念です。

てことで、本編。
前回(っていつのことかもう思い出せないわ)の予告で、安仁屋が病院で二度と野球ができなくなるかもとか言われてたのは、ケガだったのか。よかった。あ、いや、よくはないけど。でも、病気とか、肘とか肩とかがどうにかなっちゃったっていうのよりはマシじゃない?まあ、無理したら野球ができなくなるっていうんだから、大変は大変なんだろうけど、、、病気とか肘とかだとシャレになんないし、何より、あと1話でお話終わりそうにないし。ま、甲子園まであと何試合残ってるかわかんないけど。
つか、原作読んでないから、素で言ってるんですけど、甲子園行くんでしょ?
これで予選敗退でまた来年とか言ったら、どうしよう。あ、その時は、また来年の今ごろやればいいのか、、PART2。

しかしまあ、心を入れ替えて夢に向かってマジメに野球がんばってるニコガクナインに、次から次へと、困難がふりかかってくるもんだわ。でも、夢をかなえるっていうのは、そういうもんかもね。リアルな世界でも、意外とそうだったりしない?甲子園でもワールドカップでも、優勝する時って、いろんな困難が降りかかってきて、それを一個一個乗り越えてく、みたいな事って、あるよね。日本が優勝したWBCもそうだったし、準優勝したナイジェリアワールドユースもそうだった。
だから、ニコガクナインが甲子園行けるって信じてます。単なるドラマなのに何言ってんだって感じなんですけど。でも、ROOKIESって、そう思わせちゃうところがあるんだよね。それだけ暑苦しく、かつ丁寧に作ってるってことなんだと思うんだけど。
そう考えると、やっぱもったいないです。ちゃんと連続してなかったのが。もう終わっちゃうから、言っても仕方ないですけど。
もうこうなったら、最後まで見届けるしかないっす。ファイトっす。

|

« ちょうちょがこわい話 | トップページ | 仮面ライダーキバ 第23,24話 »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/41910252

この記事へのトラックバック一覧です: ROOKIES #10:

« ちょうちょがこわい話 | トップページ | 仮面ライダーキバ 第23,24話 »