« 2008年7月期のドラマ | トップページ | ケータイ捜査官7 第13話 »

2008.07.13

ケータイ捜査官7 第12話

たぶんケイタの「テスト」なんだろうなとは思ってましたけど、ご隠居以下、桐原さんとか支倉さんとかが大マジメに仕掛けをしてる様子がやたらおかしかったです。演技をしている演技っていうか、劇中劇的な内容なんで、すごく興味深かったです。
UFOとか月面基地の画像って、アンカーのメンバーがやってるようで、実は「ケータイ捜査官7」のスタッフがやってるわけで(だよね?)、ある意味ドキュメンタリーだったりするわけで、、、見てて大変楽しかったです。
伝説の番長こと桐原さんの「お前を恨んでない」発言とかさ、画面ごしの最期の挨拶とか、もう最高。

そしてやっぱりセブンですよ。セブンがミサイル発射ボタン連打してるとこ、最高にかわいかった。

そんでケイタ、ね。
最初は嘘だろって思いつつ、だんだんマジになっていって、最後のほうはみんなを守らなきゃって泣きながら必死でボタンを連打するケイタ。その表情の変化がすごかったです。やっぱ窪田くん、できる子です。

これで、ケイタは正真正銘のアンカーの一員になったってことで、物語りも一区切りついたってことなのかな。この後どんな風に展開していくのか、どんな最後(涙)になるのか、間明がどうからんでくるのか(ここ重要)、楽しみ。

|

« 2008年7月期のドラマ | トップページ | ケータイ捜査官7 第13話 »

「ドラマ」カテゴリの記事

「特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/41818732

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイ捜査官7 第12話:

« 2008年7月期のドラマ | トップページ | ケータイ捜査官7 第13話 »