« WILD CATS@渋谷Q-AX シネマ | トップページ | ケータイ捜査官7 第11話 »

2008.06.30

ごくせん3 最終話

最終回、おもしろかった。今までで一番おもしろかったかも。
お話が焼き直し過去のパターンを踏襲してなかったし、テーマも「命の大切さ」みたいな重いものだったし。焼き直し過去のパターンを踏襲することが全くダメだとは思わないんだけど、やっぱ限度ってもんがあるよね。テーマの「命」っていうのは、ちょっと重すぎな気がしないでもないけど、毎回毎回乱闘ばっかりあったドラマとしては、それもありかなっておもう。
で、最終話では、何より7話で一方通行になってた郷田に対するヤンクミの想いにちゃんと答えが出たのがよかったと思う。7話のヤンクミの説教は、一応、郷田には届いてたんだね。歪んではいたけど。でも、最終的にはヤンクミの言葉で、郷田が「未来は変えることができる」っていうことに気がついて、警察に自首した、と。そして、刑期が明けて、改心した郷田は、ケータイ捜査官として悪と闘ってる、と。
そうなのよ、新聞の記事に、一言「首謀者が出頭した」って書いてあるだけで、その後郷田がどうなったかがわかるじゃん。他にもクマが生徒たちを見かけてヤンクミに電話するとか、最終回は細かいところでちゃんと辻褄が合うようになってたけど、今までの話って、それさえもないから、なんかお話が中途半端で残念な感じがあったんだよね。
最終回、90分スペシャルってことで時間があったから、いろいろ丁寧にできたっていうのはあるのかもしれないけど、その辺がすごくよかったって思いました。どんだけ上から目線なんだって話ですけど。
最終回にありがちな、生徒一人一人がヤンクミに何か言う、とかそういうのがなかったのもよかった。あれ、あんまり好きじゃないんだよね。背景の生徒さんたちの見せ場があるのはいいんだけど、、、なんか、照れちゃうんだもん。
って、もしかして、そういうのはスペシャルでやろうっていう計画なのかもしれないけどね。絶対、卒業スペシャルやるでしょ。ってか、ヘタすると夏休みスペシャルもやろうっていう勢いなんじゃないの?ひしひしと伝わってきましたよ、スペシャルの香りが。
ま、時間をおいて生徒役の役者さんたちがどういう風に変ってるか(または変ってないか)見てみたいんで、いいんですけどね。

そして最終回、廉が意識不明だと三浦春馬くんの出番が少なくなっちゃうから、一抹の不安があったんだけど、いろんな意味で、、、心配いらなかったです。
最終回のハイライトは、やっぱ、廉が意識取り戻すとこだったと思うの。廉の病室のシーン、あれは、三浦春馬くんだからこそ、のシーンだったなあ。意識を取り戻していろいろ語るところ、ヤンクミに「いい先生だ」って言ったり、姉ちゃんに「声がでかいよ」とか言ったり、みんなで卒業してるっていう夢の話をしたり、ヤンクミの言葉でにこっと笑って、一筋の涙を流したり。三浦春馬くん、さすがです。

ま、最終回ってことで、他の生徒さんたちも気合入ってたような感じでした。大和も、がんばりすぎて若干空回り気味なところもなきにしもあらずだったけど、必死さが伝わってきたかな、と。

毎回いろいろ言ってましたけど、この3ヶ月、けっこう楽しかったです。でも、「ごくせん4」はなくてもいいかな。
あ、あと、スピンオフがテレビで放送されたの、すごいうれしかったです。いくらパソコンで見れるって言っても、やっぱ普通のテレビでやるのは全然違うもん。おかげで裏のF4&つくしがゲストの「2時っちゃお」を録画できませんでしたけど。

|

« WILD CATS@渋谷Q-AX シネマ | トップページ | ケータイ捜査官7 第11話 »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/41690598

この記事へのトラックバック一覧です: ごくせん3 最終話:

« WILD CATS@渋谷Q-AX シネマ | トップページ | ケータイ捜査官7 第11話 »