« 絶対彼氏 #8 | トップページ | 日本vsオマーン@2010W杯アジア3次予選 »

2008.06.07

ケータイ捜査官7 第9話

こいつは、敵になんかならない

新しい登場人物が出てきたり、今後のキーになる人物が出てきたり、ケイタとセブンの絆がより深まってることがわかったり、中味の濃い回だった。

ケイタとセブンの関係は、もう特別なものになってるんだね。セブンがメンテしているあいだ、ケイタの部屋のセブンのいない充電器が寂しかった。そこにセブンがいることが、もうケイタにとってはあたりまえのことになってるっていうこと、、、その描き方がすごい効果的だったよね。ケイタが朝起きると、机の上の充電器に、セブンの姿がなくて、それを見るケイタの表情で、もう二人の間の繋がりがわかるようになってるっていう。

オレ、変ったかな?

セブンがちょっとの間いなくなったことで、ケイタの日常がいつのまにか激変してたってことがわかるっていうのもなかなかうまいなって思った。

そして、再起動したセブンを見て、「セブン、だいじょうぶなのか?」って、心配するケイタ。こういうとこにも、ケイタとセブンの関係が前よりもずっと強くなってるっていうのがあわられてるよね。

で、セブン。ほんとかわいいっす。
並列分散リンクして暴走してから、システムダウンしてたから、普通に歩いたり話したりするセブンが見れなくなっちゃってて、私もさびしかった。セブンがいなくなって、どんなにセブンが大事なかわいい存在か、私もよーっくわかりましたよ。
よっこらしょって感じで起き上がって、自分で、自分にくっついてる充電ケーブルをはずすセブン、ちょうラブリーだった。

そっか、いけないことだからなかったことにしたのか
何を言っている?

並列分散リンクの記憶が消されちゃってるセブン、切なかった。

で、ケイタとセブンの絆が強くなってるのと同時に、ケイタと桐原の関係も変ってきてる。桐原さん、なんだかんだ言って、ケイタを認めてるんだよね。
並列分散リンクの責任を1人でかぶって、査問で
彼は、この件についてなんら咎めだてされる謂れはないと考えております
ってケイタを庇う桐原さん、、、ちょうカッコよかった。

そして、今回の主役、間明蔵人の高野八誠さん!
藤宮ときよいさんを足して悪くした感じ。あのきよいさんぽい落ち着いた話し方で、いろいろと恐いこと言ってたよね。
彼はどういう存在なんだろう。ケイタとの会話で、なんとなくだけど、いろいろわかってきたけど。
まず、何らかの形で、過去にアンダーアンカーとかかわってるってこと、ゼロワンのバディではなく、ゼロワンに使われるような存在でもないってこと、狂信的ではあるけれども、人類のために自分が正しいと思うことをやろうとしているってこと。
この辺が、藤宮博也を彷彿とさせる。

そのマギラ、「自己紹介がまだだったね」って髪をかきあげるところが、きよいさんキモかっこいいって感じです。これ、ちゃんと狙ってるんだよね?

マギラの自己紹介から始まるこの一連のマギラとケイタの会話が、たたみかけるようで、スピーディでおもしろかった。緊張してるケイタとそれを優しくかわすきよいさんマギラって感じで。

マギラの名前を聞いたケイタの反応がおかしかった。変な名前って、、、ストレートすぎでしょw。っていうか、スタッフも自覚してんのね、変な名前って。
#どんな意味なのよ>マギラ・クランド

他にも、ケイタが、巨大化したフォンブレイバーを想像してみろって言われて、文字通りでっかいセブンを想像して「カッコ悪い」っていうのもおかしかったよ。
ほんと素直。この辺が、マギラが言う「ニュートラル」ってことで、だからこそつけいる隙があるって思ったんだろうね。でも、その素直さが、逆にマギラにはマイナスだと思ったりする。それこそ、「両刃の剣」なんじゃないかって。

キミのような存在を待っていた、とも言えるかな
もっと普通にしゃべれない?
これが地でね
そうは思えないけど

この辺は、高野八誠さんに対するイヤミですかっ!?
って、そうじゃなくて、ケイタは、マギラの一見優しそうな表情の裏に隠された本質を見破ってるってことなのかな。
最後の方で、待てっていうケイタの声にふりむいたマギラの顔が、本当の顔なんだろうね。きよいさんが血を吸う時の表情だよ。八誠さん、こわかったです。
でも、八誠さんのこういう表情、大好きっす。こういう表情ができる俳優さん、そうそういないと思います(贔屓目)

最後の最後の、ケイタとセブン、マギラとゼロワンのやりとり、よかったです。
ケイタとマギラ、セブンとゼロワン、それぞれ対極にあるような存在だけど、人間とケータイの関係は、どっちもちゃんとした絆で結ばれてて、いい感じだった。まあ、マギラとゼロワンは、すごく危険な存在ではあるけどね。

それからもうひとつ、お前は敵になんかならない、オレはわかる
その件に関しては、現時点での蓋然性を数値化できない
わかんないならわかんないっていえよ

ひとりではない、それがバディシステムだ
クサいこと言うな

[今日の間明蔵人]
○「あの仕込みはなかなか大変だったが、それだけの成果はあった」って、あのビルの仕掛け、きよいさん間明蔵人が1人でちまちまやったの?なんか、想像すると笑えるw

|

« 絶対彼氏 #8 | トップページ | 日本vsオマーン@2010W杯アジア3次予選 »

「ドラマ」カテゴリの記事

「特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/41449381

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイ捜査官7 第9話:

« 絶対彼氏 #8 | トップページ | 日本vsオマーン@2010W杯アジア3次予選 »