« 仮面ライダーキバ 第19話 | トップページ | 神様のパズル »

2008.06.13

ケータイ捜査官7 第10話

駆動系損傷率9.13%、任務に支障、なし

今回のセブン、すごいかわいかったよう。今までもかわいかったけど、今回は特に。
通風孔からサーバールームに侵入して、内側から鍵を開けるっていうミッションだったわけだけど、セブンにとってはすごく大変なことで、その辺をものすごく丁寧に描いてたよね。通風孔によじ登るところとか、風に飛ばされちゃうところとか、鍵のかかったドアへたどりつくのに、まずロッカーに降りて、ロッカーのドアが開くのを利用してドアに乗り移って、すべり落ちながら鍵を開けるとことか、セブンのひとつひとつのしぐさがすごいかわいい。極めつけは、鍵があいてケイタが部屋に入った時に、鍵のところに向こうむきでしがみついてるセブンね。
なんかさ、飛んだりはねたりしないで、ほんとにセブンが地道に自力で「たどり着く」感じがリアルで、だからこそかわいいんだよね。ほんとすごいよ。だってさ、ケータイ電話が向こう側の部屋に入って鍵開けるっていうだけなのに、それがハラハラドキドキのアクションものに見えるんだから。それって、すごいことだと思う。どんだけ丁寧に作ってるんだっていう話だよね。

困難な任務だった
人間が言うところの奇跡というものに近い

あと、ウィルスに侵されてるサーバに侵入するあたりで、唐崎晶のマシンの画面にいろいろとアラートが出てたけど、それがまた結構それらしい。「新しいソケットが確立されました」とか。こういうとこもいちいちすごいなあと思うわけです。

そして今回登場の飛鳥凛ちゃん演じる唐崎晶。
アンダーアンカーに興味持ってたし、パソコンとかネットとかに詳しそうだし、ゲストっていうよりは、準レギュラーっぽい感じなのかな。もしかして、そのうちアンダーアンカーに入ったりして?
御堂にとっては、ライバルっていう感じかしら。御堂さん、ちょうヤバっすよ。

今回もケイタとセブンのやりとり、おもしろかった。どんどん「相棒」っていう感じになってるよね。

おまえ、ピッキングなんてできるの?
・・・できると思うか?

だよねえw

|

« 仮面ライダーキバ 第19話 | トップページ | 神様のパズル »

「ドラマ」カテゴリの記事

「特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/41515925

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイ捜査官7 第10話:

« 仮面ライダーキバ 第19話 | トップページ | 神様のパズル »