« EURO2008 ロシアvsオランダ | トップページ | EURO2008 決勝のカード »

2008.06.22

ごくせん3 第10話

本日の悪役:吾郎ちゃんこと弓削智久さんでした。
弓削っち、悪そうだったなあ。

なんか、悪役のクォリティっていうか人選が神。
そして、来週はまた「伝説の番長」の再登場ですか。桐原さん、パワーアップしてますか?
でも、予告では、廉が入院してる的な雰囲気だったんだけど、伝説の番長に殴られて意識不明とかそういう感じかなあ?まさか、死んだりしないよね?あの校長先生の暗い雰囲気は釣りだよね?っていうか、三浦春馬くんが意識不明とかで出番ないと、ちゃんと演技できる人が少なくなってちょっと心もとないんですけど、、、。
なんだかんだ言ってごくせん3も最終回ですが、最後は「蓮」で〆るってことになるんですかね、いろんな意味で。来週が楽しみです。

以上。



あ、9話?

なんか、感想書く気力もないって感じになってきたんですけど。
大和のお父さん、いくらなんでもああいうお父さんてなくね?しかも、大和のせいで家庭崩壊って、言ってる意味がわかんない。大和って、そこまで「不良」じゃないじゃん。いくらエリート高校の先生の息子が不良って言ったって、せいぜい学校さぼってゲーセン行ったりケンカしたりするくらいでしょ?実は過去にいろいろあったかもしれないけど、その辺は全く描かれてないから、「傷」って言われても、すごい薄っぺらく感じちゃうんだよね。
沢田慎は、成績は優秀なのに、友だちが疑われたのが許せなくて先生を殴って退学っていう背景があって、慎自身の不器用さもあってお父さんと衝突したわけで、慎の「傷」はすごくよくわかるわけよ。最終的にはなんとなくお父さんとはわかりあえた、ようなとこもあったし。
でも、大和のお父さんは、結局むやみに大和を嫌って離婚して終了?大和って、「不良」かもしれないけど、そんなに悪そうには見えないし、お父さんがあそこまで嫌う理由がわかりません。
なんか、「ごくせん3」って、生徒以外の登場人物のフォローが適当だよね。お話を進めるためのその場限りの「駒」でしかない感じ。「駒」は「駒」でもいいけど、もうちょっとなんかあってもいいと思うんだけど。

でさー。
いまごろヤンクミの強さの秘密がどうのこうのって、遅いよ。もっと早く気づけよ。
あとヤンクミの実家バレ、クマがうっかり教えちゃうって、どういうことよwしかも6人全員でヤンクミの家に行くって。ほんとだったら、大和だけ、もしくは大和と蓮の二人だけが偶然知っちゃうっていう流れなんだろうけど、、、なんでか、そうはならなかった、と。ま、なんとなくわかる気もしないではないって感じですかね。
で、今回はヤンクミの実家が大江戸一家ってわかってヤンクミピンチっていう話にはならないんだ。よくも悪くも過去のパターンを踏襲してるから、てっきり最後はそうなるもんだと思ってたけど。
あ、もしかして、スペシャルとか考えてますか?「卒業スペシャル」とかでそのネタ?スペシャルやる頃にはもうちょっと成長してるんじゃないかとか期待してたりして?ま、その可能性もなくはないとは思うけども。

いろいろ言ってますけど、「ごくせん3」、嫌いじゃないですよ?すごい期待してたからがっかりしただけで。ちゃんと楽しんでますから。・・・って、誰にいい訳してるんだろうw。

|

« EURO2008 ロシアvsオランダ | トップページ | EURO2008 決勝のカード »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

こんにちはrain
ごくせんの感想、とても興味深く読みました。
やっぱり最終回だけは見ようかなあ,と思いました。弓削さんの悪そうなところ、想像がつきますが見たかったです。

投稿: たに | 2008.06.22 11:35

たにさん

こんにちは。
最終回、過去のシリーズとはちょっとパターンが変ってるような感じです。どう終わらせるのか、興味深いです。
弓削っち、悪そうでした。背が高い方なのに、中学生くらいの小さい子からカツアゲしてて、ギャップがちょっとおかしかったです^^;

投稿: 沖野 | 2008.06.23 02:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/41607073

この記事へのトラックバック一覧です: ごくせん3 第10話:

« EURO2008 ロシアvsオランダ | トップページ | EURO2008 決勝のカード »