« ROOKIES #5 | トップページ | ケータイ捜査官7 第6話 »

2008.05.21

ごくせん3 第4話,第5話

4話は三浦春馬くん、5話は石黒英雄くんがメイン。なので、安心して見てられたw

どっちの話も家族がらみだけど、4話は、小栗くん→小出ときた「1人で大きくなったと思うなよ」の回。
小栗くんも小出くんも母子家庭だったので、姉と弟っていう変化球にしてきたのかな。その姉の沙羅ちゃんが教頭のよく行く店で働いてるっていうのは、おかしかったです。ある意味、教頭のキャラは最初のシリーズからずっとブレないよね。

パターンとしては、お姉ちゃんに負担をかけたくないからバイトするっていううっちーと同じ系の話。最初のシリーズでは、うっちーが通り魔に間違われるっていう原作にもあるエピソードだったけど、3では、その話を二分割してきたよね。やっぱ三浦春馬くんと石黒くんで繋いで、時間を稼ぐ作戦なのかしら、、、って、何の時間w?

だけど、あの刑事さん、準レギュラーみたいだけど、ひどくないすか?結局お姉ちゃんが頭下げたから、刑事さんも許してくれた、っていう流れだったけど、どう考えても、あれは挑発した刑事の方が悪いじゃん。まあ、だからって刑事を殴っていいっていう話にはならないけど、それにしても、そのことについて何にも言及されなかったのはちょっと後味悪かったなあ。刑事さんも、自分が挑発したっていうのもあって、事件にしなかったっていうのが裏設定であるのかもしれないけど。

三浦春馬くん、すごくいい感じです。1話よりも、不良っぷりに余計な力が入らなくなってきたんじゃないかなあ。「爽やかな不良」っていうのも変な言い方だけど、、、、ま、そんな感じ。
お姉ちゃん役は、貧乏男子のナンシー。そっか、あの二人、姉弟だったのか。中の人については、特に語りたいこともないんだけど、女子高校生コスプレが意外とかわいいって思ったのは秘密です。

5話は、クマのお父さんの回のパターン。クマのお父さんの回は、泥棒を捕まえて新聞に載った話だったけど、3では三者面談の話があったり、本城の高校の先輩の話が出てきたりで、いろいろまざってる感じ。でも、お金の大切さもテーマの一つになってて、いろいろと工夫してるんだなあって思いました。ちょっと新鮮だった。お父さん、病気とはいえ、元気だったし、、、よかった。

それにしても、1話ではクラスメイトのことなんか関係ねーって感じだったのに、ほんとにいつのまにかみんな仲良しなのなー。1話を見た時は、この後、どうやってクラスのみんなが仲良くなるんだろうってわくわくしてたのに、ちょっと肩透かし。廉と大和が仲悪かったから、ギスギスしてただけってことなの?
うーん。
まあ、そうは言っても、みんなでバイトの相談するあたりは、かわいくてなかなかいい感じだったですけど。
でも、いくらクラスみんなが仲良しだっつっても、町のお豆腐屋さんにあんな人数は入りませんから。

朝の日テレの番組でやってたんだけど、石黒くんとお父さん役の金田さんとで、似たもの親子っていうのを出そうとして、脚本にはかかれてないことをいろいろやったらしい。例えば、頭を掻く癖とか。そういうのおもしろいよね。
やっぱ、石黒くん、メインで出てるの見ると、あらためて普通のイケメンさんだったんだなあって思います。エリートヤンキー三郎とか電王のカイとか変な役(なんて一言で言えるような役じゃないと思うけどw)ばっかりだったから、あんまり意識してなかったんだけど。まあ、それだけちゃんと演技ができるってことなんだろうなあ。

そして、本城の悪い先輩の役で風魔の小次郎の竜魔が出てましたねー。なんか、ゲスト背景生徒含めて、風魔とかテニミュのキャスト、多くないすか?

|

« ROOKIES #5 | トップページ | ケータイ捜査官7 第6話 »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/41273172

この記事へのトラックバック一覧です: ごくせん3 第4話,第5話:

« ROOKIES #5 | トップページ | ケータイ捜査官7 第6話 »