« 蜷川妄想劇場 | トップページ | 偶然の音楽2008 »

2008.03.23

RHプラス 9th Blood

最終回に向けて、話がより重く、よりシリアスになってきた。
あげはの不調、誠の過去と孤独、月長館の中で、誠だけがみんなの輪の中に入りきれてないのはどうしてなのか、それがこれから明らかになっていくんだろうね。誠の孤独って、吸血鬼としての孤独とはまたちょっと違ってて、それは、母親に捨てられたっていうことからきてるっていうか、自分は誰からも愛されていないって心のどこかで思ってる。だから、月長館のみんなのことも、信じたいけど信じきれないんだと思う。
息子を吸血鬼に殺された男を動かした誠の涙。それって、人間とか吸血鬼とかいう以前に、「親に捨てられた子供」の涙だったから、「父親としての人間」の琴線にちょっとだけでも触れたのかなあ。

それにしても、此衣さん、カッコよかったっす。キックのキレがすごいっす。でも、まこちゃんを追いかけてきたんだったら、もうちょっと早く来てほしかったっす。
バカ和も、今回はカッコよかった。腐っても「イケメンパラダイス」っす。イケナイ太陽っす。
・・・でも、バカ和が合コンで圧勝した手って、どんな手なんだよう。

それにしても、きよいさん、、、「知らない人にはついてっちゃダメですよ」って、小学生じゃないんだからw

|

« 蜷川妄想劇場 | トップページ | 偶然の音楽2008 »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

私も気になります~。
あの此衣くんに勝った手ってどんな手?

きよいさんが魔法使いのドラマも見ました。そこだけ^^;
かっこよかったですね~。

投稿: maruko | 2008.03.23 22:30

marukoさん、こんにちは

ネギまのきよいさん、ステキでしたねー。
やっぱ美形です。
見とれちゃいました^^;

投稿: 沖野 | 2008.03.24 04:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/40604893

この記事へのトラックバック一覧です: RHプラス 9th Blood:

« 蜷川妄想劇場 | トップページ | 偶然の音楽2008 »