« 歯列矯正 | トップページ | 貧乏男子 ボンビーメン #6 »

2008.02.25

キサラギ@シネマアンジェリカ(追記あり)

また、行って来ました。渋谷のシネマアンジェリカ。もう何回目かわかんないです。10回は見てると思うんですけど。後で数えてみようっと。
今回、舞台挨拶つきでした。当初の発表では、ゲストは監督と香川照之さんと塚地さん、小出くんの予定だったんですが、前日に急遽ユースケさんが追加となり、当日、なんと小栗旬くんも来てくれました。ドラマが「奇跡的に」早く終わったんだそうです。
てことで、なんと監督と出演者5人が揃うっていう、奇跡のような舞台挨拶になりました。
私は、渋谷と池袋であった初日の舞台挨拶はチケットがとれなくて行けなかったので、ものすごくうれしかったです。
舞台挨拶は、だいたい20分くらいかな?みなさんハイテンションで楽しそうで、こっちもすごく楽しかったです。
相変わらず、ユースケさんは、キサラギのおかげで初めて友だちができた、とか、キサラギがなかったら、俳優はやめて弁護士の勉強をしてた、とか、あることないことっていうか、ないことないことをおっしゃっておられました。
みなさん、すごく仲がよさそうで、小栗旬くんが、クリスマスをキサラギのみんなといっしょに過ごしたこと、みんなにお誕生日を祝ってもらったことを話してくれました。
そして、小出くんが数日前にお誕生日だったことが発表されて、みんなに祝福されてました。
こんな感じで、とても濃密な時間を過ごすことができました。こんな奇跡のようなひとときにその場にいられて、幸せ者だって思いました。

詳しいことは、思い出しながら、また改めて、アップします。

(2/28 追記)
なんとなく、長くなりそうなので、たたんじゃいます。
あ、そういえば、キサラギの舞台挨拶に行ったっていうのを小栗くんのANNにメールしたら、読まれました。う、うれしいっす。

てことで、印象に残ったこととか、思い出したことをちょっとずつ書いて行こうかな。

○小栗くんが話してくれた、撮影中、映画の神様が降りてきた瞬間があったっていう話。
 たとえば、いちご娘がアップになったとき、カチューシャが偶然ずれた瞬間とか、テーブルをはさんで、オダ・ユージを追いかけるシーンで、いちご娘が偶然コケて、でも、それでむしろいちご娘の情けなさが出ててよかった、とか。

○人が話してる時も、相変わらず全然落ち着きのない小栗旬さん。スクリーンを触ってみたり、突然しゃがみこんで靴紐なおしてみたり。

○香川さんの、「僕は、世間が注目する前から小栗旬に目をつけていた」っていう話。それを話してる時の香川さんが、すごくうれしそうだった。

○ユースケさんは、キサラギを撮るまではなかずとばずで、もう俳優はあきらめてもう一つの夢である弁護士の勉強をしようと思った、とか、全然友だちがいなかった、とか、相変わらずテキトー・トーク炸裂でした。

○これから、キサラギを再現します、とか、誰かが言った時に、塚地さんが「僕これからウンコもらしますから」って。私的には、バカ受けでした。すみません、ウンコの話好きなんで。

|

« 歯列矯正 | トップページ | 貧乏男子 ボンビーメン #6 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

沖野さんも行かれてたんですね!羨ましいです。仲良しっぷりが行間から伝わってきてとっても嬉しく読ませていただきました。ありがとうございました。

投稿: すーこ | 2008.02.25 13:46

すーこさん

こんにちは。
もしかして来るかも?とは思ってましたが、いざ来てみると、ほんとにびっくりで、うろたえました。
でも、うれしかったです。
家元さんは、相変わらず落ち着きがなく(笑)、誰かが話してる間、スクリーンをさわってみたり、靴紐をなおしてみたり、と、全然じっとしてませんでした。

みなさん、ほんとに仲がよさげでした。
誰かが話してても、どんどん会話に割り込んで来て最終的にはグダグダになる、みたいな場面もけっこうあったんですが、それがまた仲のいい友だち同士の会話を見てるみたいで、微笑ましかったです。

投稿: 沖野 | 2008.02.26 03:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/40258709

この記事へのトラックバック一覧です: キサラギ@シネマアンジェリカ(追記あり):

« 歯列矯正 | トップページ | 貧乏男子 ボンビーメン #6 »