« キサラギ@シネマアンジェリカ(追記あり) | トップページ | 貧乏男子 ボンビーメン #7 »

2008.02.27

貧乏男子 ボンビーメン #6

もう7話が放送されちゃったので、とりあえず、簡単に。

いよいよ白石くんのお父さんが出てきて、白石くん一家の背景っていうか、一家離散したいきさつとか、ドラマとか葛藤とかが見れるのかなあって思ったら、、、何もなかった。正直、拍子抜け。白石くんのお父さんも、もうちょっと裏っていうか影っていうか、何かしらあるって思ってたのに、何にもなかったし。
息子の友だちに素直に1000万円もらって、それで終わり?なんか、浅いなあ。
主要人物以外は、ストーリーを進めるための駒っていう感じなのは否めないよなあ。主要人物がおろそかになるよりはいいけど。

てことで、白石くんのお父さんが浅い分、白石くんの葛藤が深くて、重くて切なかった。
一美のことは好きで大切に思ってるのに、裏切っちゃう。でも、やっぱり大事だから、そのことを後悔して。
一美は一美で、白石ちゃんのそんな気持ちを十分にわかってて、あえて何も気がつかないフリをする。
最終的に、一美は、白石ちゃんがオムオムのところに来なかった、、、つまり、自分に借金を押し付けようとはしなかったことを知って、あえて白石ちゃんの借金を背負ったんだよね。

子供の頃大好きだった本、トム・ソーヤの冒険を書いた
アメリカの小説家、マーク・トゥエインはこう言った
自分をはげます最大の方法、それは、誰かをはげまそうとすること

そんな一美と白石ちゃんの、深い深い葛藤があるのに、、、それにくらべて、白石ちゃんのお父さんキャラの薄っぺらいこと。もったいないなあ。

それにしても、白石ちゃん、ひどいヤツになんなくてよかった。お父さんとどっかいなくなっちゃわなくて、ほんっとによかったです。

|

« キサラギ@シネマアンジェリカ(追記あり) | トップページ | 貧乏男子 ボンビーメン #7 »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/40285501

この記事へのトラックバック一覧です: 貧乏男子 ボンビーメン #6:

« キサラギ@シネマアンジェリカ(追記あり) | トップページ | 貧乏男子 ボンビーメン #7 »