« 仮面ライダー電王 第46話「今明かす愛と理(ことわり)」 | トップページ | 12月26日生まれ »

2007.12.26

雪の女王

雪の女王
見てきました。渋谷シネマアンジェリカ。
1957年の「ロシア」のアニメの新訳版。同時上映が「鉛の兵隊」。
映画館でスタンプ押してきました。かわいいでしょ;^^?
改めて見て、思ったんだけど、アンデルセンてすごいよなあ。銅像の王子様が自分の金箔はがして、貧しい人に配るっていうの(幸福の王子だっけ?)も、そうだよね。雪の女王もそうだけど、無償の愛っていうか、自己犠牲っていうか。すごく深いなあって思う。
で、「幸福の王子」っていえば、オーソン・スコット・カードの「王様の羊飼い」っていうSFを思い出す。すごく残酷な話なんだけど、すごくいい話でもある。王様の羊飼いも、自己犠牲の話。切ない話だったなあ、ある意味グロいんだけど。ちょっと読み返したくなっちゃった。どっかいっちゃったから、また買わないといけないんだけど。

自己犠牲とか、無償の愛とか言いつつ、雪の女王っていうと、どうしても、年上の女の人に心を奪われた恋人を取り戻しに行く若い娘の話、って思ってしまう私は、汚れているのかしら。

|

« 仮面ライダー電王 第46話「今明かす愛と理(ことわり)」 | トップページ | 12月26日生まれ »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/17487136

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の女王:

« 仮面ライダー電王 第46話「今明かす愛と理(ことわり)」 | トップページ | 12月26日生まれ »