« ハゲタカ スピンオフ | トップページ | 仮面ライダー電王 第34話「時の間のピアニスト」 »

2007.09.22

スキヤキウエスタンジャンゴ 日本語吹き替え版

スキヤキウエスタンジャンゴの日本語吹き替え版を見て来ました。神保町シアター。新しくできた映画館らしく、すごくきれいで、映画も見やすかったです。100席くらいのミニシアターなんだけど、客席に傾斜がついていて、一番後ろでもよく見えた。ただ、あんまりお客さんが入ってなかったんだよね。ゆったり見れたのはいいけど、ちょっと寂しかったです。

本人による吹き替えなんだけど(あ、タランティーノだけは、本人じゃなくて三池さんらしい)、なんか、すごく不思議な感じ。英語版とは違う映画みたいだったなあ。セリフの違いだけで、こんなに印象が違うものなんだなあ。あと、字幕を追いかけなくてもいいっていうのもあるんだと思うけど。

小栗くんのアキラ、日本語版もいいです。っていうか、個人的には日本語版の方が好きかも。声がね。英語版は、慣れてない感があって、ちょっとだけ借りてきた猫的な印象があったけど、日本語版はさすがだったです。吹き替えも、いろいろやってるからなじんでる感じだし。まあ、セリフじゃなくて、怒ったり、優しく笑ったりっていうのは、言葉は関係なくすごくいい感じなんだけどね。

前売り券がもう一枚あるんで、もう一回見に行こうと思ってるんだけど、英語版か日本語版か迷い中。もう一回見るなら、日本語版かなあ?

小栗くん、撃たれて死ぬ役って、初めてだよね?
私的には、倒れるっていうか、崩れ落ちるところが、かなりツボだったです。
あと、静がダンスしている時、アキラの幻想を見るところ。机の上に座っているのが、ほんとうは安藤くんなんだけど、アキラと見間違っちゃう。あのアキラって、幻想の中の存在だけあって、ほんとのアキラよりもちょっと怪しくて、すごく好きです。

|

« ハゲタカ スピンオフ | トップページ | 仮面ライダー電王 第34話「時の間のピアニスト」 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/16538601

この記事へのトラックバック一覧です: スキヤキウエスタンジャンゴ 日本語吹き替え版:

» 映画「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」(2007、日) [富久亭日乗]
★★☆☆☆    マカロニウエスタンの全盛時代の傑作 「続・荒野の用心棒」(1966年、伊)で フランコ・ネロが演じた主人公 さすらいのジャンゴに、 少年時代のおっさんはしびれたもんだ。  だが、このスキヤキ・ウエスタン、 残念ながら伊藤英明に フランコ・ネロのような格好良さは望めず、 ストリーも黒澤明の「用心棒」(1961年、日)のような娯楽性も なかった。  全編英語の台詞、日本語字幕など 凝った作りではあったのだが・・・  マカロニウエスタンのパロディでは ラーメンウエスタンと銘打った 伊丹... [続きを読む]

受信: 2007.09.26 08:16

« ハゲタカ スピンオフ | トップページ | 仮面ライダー電王 第34話「時の間のピアニスト」 »