« キサラギ・ティーチイン@渋谷シネクイント | トップページ | ANN »

2007.07.26

花ざかりの君たちへ~イケメン・パラダイス~ 第4話

これは、「花ざかりの君たちへ」じゃないんだね。って、原作読んでない私が言うのもなんですが、「イケメンパラダイス」という名前を借りた、「あいのり」熱血スポ根物語なのよ、ラブコメじゃなくて。
先週くらいから、薄々気が付いてましたよ。イケメンパラダイスのふりして、実は少年ジャンプ系なんじゃないかって。「花とゆめ」じゃなくて、熱血な、割と暑苦しいドラマなんじゃないかって。
けっして佐野と瑞稀の恋愛とか、中津との三角関係とかじゃなくて、佐野と中津の友情とか、佐野と神楽坂のライバル関係とか、佐野と森の熱血兄弟対決とか、ハイジャン対決とか、そういうのがメインなんだなって。
だから瑞稀も、「男の子の格好をした女の子」っていうより、佐野にハイジャンを飛ばせるために「女を捨てた男の子」っていう趣で佐野と中津に対峙してる感じがするんだよね。佐野→瑞稀←中津の三角関係よりも、三人の男の子の友情っていう方が際立ってる気がするよね。

「わかったようなこと言ってんじゃねえよ」
「わかろうとしねえやつよりはマシだろ。
 世界中の不幸を背負ったみてえな顔しやがってよ。
 痛えなら痛えって叫べばいいじゃねえか。
 泣きたきゃ、わあわあ喚きゃいいだろ。
 ハンパにカッコつけてんじゃねえぞ、このやろう」

そして、今回の、佐野と中津のケンカがあり、最後の競技場での三人のシーンに繋がるのよね。佐野と中津のケンカシーンと、最後の競技場のシーン、すごいよかった。好きっす、ああいうストレートな感じ。夜の芝生にねっころがって、笑うんだよ?青春だぜ。切ないぜ。

「ばれちまったか」
「佐野、ありがとな」
「勘違いしてんじゃねえよ」

 
で、前回で、瑞稀が実は女だってこと、瑞稀が背負っているものの重さを知ってしまった佐野。
だから、ちょっとずつ、佐野が瑞稀を認めて、佐野と瑞稀の距離が縮まっているように見える。素直になれないからそっけなく接してるけど。そして、どうしても、瑞稀が女の子だってことを意識してしまう佐野。その微妙な表情がいいよね。小栗くん、さすがです。
まだ言うけど、第2話の競技場での佐野と瑞稀のシーン、あれ、ちょっと早かったよねー。今回、森にキツいこと言われた後、ベンチで瑞稀に自分の気持ちを話す場面は、3話で瑞稀が背負ってるものがわかったからこそ、生きてくる場面だからさ。

で、最後、瑞稀が「なんでオレがついてこなきゃいけねえんだよ」って、佐野、瑞稀にいっしょに来てくれって言ったんだー。へー。まあ、「秋の全国大会で会おう」っていう、ちゃんとハイジャン飛ぶぞ、前みたいにトップになってやるぞっていう決意表明を、森だけじゃなくて、瑞稀にも聞かせたかったんだろね。
っていうか、佐野、瑞稀に「行くぞ」って。「行くぞ」って。中津も瑞稀に「行くぞ」って言ってたしな。どんだけ、いしょに「行くぞ」なんだよ。ちぇ。いいなあ。

今回は合コンがちょっと寒かったかなあ。
サブキャラとしては、関目くんメインぽかったよね。あいのり風っていうか、そのまま?なのはおかしかったけど。で、中津以外では、関目くんがはじめて、佐野とまともに絡んだよね。最初に、合宿があるんだけど、って言ったのに、佐野にスルーされて、最後はさりげなく合宿行きのバスに乗ってる佐野に「オレも、参加していいか」って言われて、照れるっていう。で、「待ちくたびれたよ」ってうれしそうに。なんだかんだ言っても、寮のみんなは仲良しなんだよね。私もうれしいよ。
そして、ピアス外して、戦闘態勢な佐野泉。これからまだまだ前途多難なんだろうけどね。

で、来週は、難波先輩がメイン、と。難波先輩のシリアスなシーン、楽しみっす。

いろいろ
○「東スポか」って、瑞稀は帰国子女なのに、東スポ知ってるんだw
私、東スポ大好きなんだよね。今はちがうけど、毎日東スポ買って、隅から隅まで読んでたことあるし。東スポってさ、世の中が重大事件で騒然としてる時でも、1面は「人面魚、発見・・・か?」とかなんだもん。いいよね、そういうのw

○シャワー浴びてる瑞稀に、ちょっとうろたえる佐野。うろたえる表情がいいんだってば。

○梅田先生のゲロに、モザイクかかってるよw
私は好きです。ゲロも、ゲロにモザイクかける感覚も。

○佐野泉の私服。2話でもはいてたストライプのパンツ、けっこう好き。

○送信送信送信送信送信受信w

「中津、近い」

○合コンの人気投票、佐野様が、1位じゃないんだ。ちょっと意外。

○関目くんにいろいろ教えてあげてる難波先輩、いいひと。「関目くん、ちょっとおいで」って、肩組む姿に萌えっす。

○やっぱり佐野のシャンプー使うのか、中津。っていうか、どんだけシャンプーないんだよ。
つか、中津がシャンプーさがしてるのまでメモるなよ>背景軍団

「消灯時間すぎてんぞ」「またつけて悪い、ちょっと忘れ物」「珍しい寝方すんだな」ってとこ、笑った。っていうか、ギャグっぽくしてるけど、佐野は瑞稀が女の子だってわかって、かばおうとしてるってことなんだよね?

「やっと来たか」って、わざわざ、手間暇かけて佐野の弟を合宿に呼んでやってる神楽坂。最後の佐野の「秋の全国大会で会おう」宣言もうれしそうに聞いてたし、やっぱ、どんだけ佐野が好きなんだよw

○大東くん、やっぱ小栗くんに似てるね。
で、いきなり殴る弟って。兄弟でも、男同士なのねっ。
「あんたが亡霊となった今、全国大会で優勝するしか復讐する道はねえ」
熱いねえ。

○佐野泉の、っていうか、小栗くんの「何やってんだろうな、オレ」っていう言い方、好き。

○合コンパートは寒かったけど、佐野の部屋に寮のみんなが次々に現れるとこはけっこう好きだけど?

心配って何の?
たとえば、、、


金に困って夜のアルバイトしてるとか
クラブで踊りまくってるとか
いれこんでるキャバ嬢がいるとか
夜の歓楽街とか
大人の遊園地とか
闇取引とか
人身売買とか
拳銃の密売とか
パスポート偽造とか
オヤジ狩りしてるとか
盗んだバイクで走り出すとか
窓ガラスこわしてまわってるとか
ここじゃ流せねー、でっけーウンコしてるとか


「っていうか、お前ら多いっ」

「こころにキズを負った病人だもん」っていう堀キティ、ちょうかわいかった。

「はじめからわかっていただろ、そんなこと。それでもおせっかいをやく、それがお前の唯一のとりえなんじゃないのか」by梅田北斗

○教室の窓際に座ってる佐野。ひさびさに花沢類だよ。きゃあああっ。

○舌出す難波先輩、エロい。
そんで、かんなちゃんにふれらていじける難波先輩、かわいい。

○「今年は最悪の合コンでしたわ」「また来年がありますわ」
「来年もいるんだ」byこまり

「ぶざいくな走り方しやがってよ、泣けてくるわ」by中津
小栗くん、わざと変な風に走ってたよね。

|

« キサラギ・ティーチイン@渋谷シネクイント | トップページ | ANN »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

おきのさん、こんにちは。
このドラマの感想を読ませていただくのが大好きです。。アツく語っていただきありがとうございます(^^)/。

次のANNのお話も「なるほど~」と思いました。
「電車男」(ドラマだけ?かな。)も とても面白かったので、武藤将吾さんは好きですー。
暑苦しいのは、夏にはとても似合いますよね!!

投稿: たに | 2007.07.27 10:22

たにさん

こんにちは。
いつも読んでいただいて、ありがとうございます。
どうしても、「りの君」を語るとアツく、長くなってしまいます^^;
毎週、楽しみでしょうがないです。
武藤さん、熱くていいですよね。
ケンカのシーンが、かなり好きです。
クローズも楽しみですね~。

投稿: 沖野 | 2007.07.28 10:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/15903243

この記事へのトラックバック一覧です: 花ざかりの君たちへ~イケメン・パラダイス~ 第4話:

« キサラギ・ティーチイン@渋谷シネクイント | トップページ | ANN »