« お気に召すまま 3回目 | トップページ | 時をかける少女 »

2007.07.18

花ざかりの君たちへ~イケメン・パラダイス~ 第3話

あれ、今までで一番おもしろかったぞ。
シリアスなとことコメディのとこと普通のとこと、バランスがよかった。っていうか、このくらいのバランスが好みかも。第2話みたいに展開に無理なとこもなかったし。

佐野がケガした経緯がすごく重くて、で、瑞稀が「自分のせいでケガさせた」って、罪滅ぼしで佐野を飛ばせたいって思うのって押し付けがましいって書いたけど、なるほどそうきたかって感じですね。

佐野@小栗旬が、競技場のベンチに座って、過去の瑞稀とのことを回想するシーン、ここで佐野の心の動きがよくわかった。この回想シーンと、その後のよっちゃんお兄さんとの会話、このために、1話と2話の瑞稀の言葉だったり、佐野の冷たさだったり、佐野と瑞稀の間の深い溝、みたいなのがあったんだなあって思った。佐野の冷たいとことか、瑞稀のウザさとか、佐野がケガした経緯とか、佐野が飛べない理由とか、その辺が全部この第3話に繋がってきたね。
なかなかうまいなあ。

そして、佐野@小栗旬の口から「あいつの負った傷は、オレが言葉で伝えたくらいじゃ消えません」っていう言葉が出てきた時、やられたなあって思ったよ。正直、ダーって涙出てきちゃった。

オレは芦屋が嫌いでした。おせっかいだし、自分勝手だしガンコだし。
それになにより、あいつの言葉が全部真実だったから。
オレは耳をふさいでました。

競技場のベンチで、瑞稀とのことを回想しながら、自分の気持ちと向きあう佐野@小栗旬。表情が切なくて、よかったっす。

そう考えると、ますます第2話の競技場での佐野と瑞稀のシーンが余計っていうか浮いてるって気がするんだけどなあ。

いろいろ

○部屋で、瑞稀に意見するよっちゃんお兄ちゃん、超かっこいい

お前の言いたいことはわかった
じゃあひとつきかせてもらう
お前がこの学校に編入転入してきて、佐野は一度でも飛ぼうとしたのか
少しでも彼の気持ちを変えることはできたのか
お前がここに残って、何がしてやれるっていうんだ
お前は罪の意識で佐野を飛ばしたいだけだ
でもそれは、本当に彼のためになるのか
俺にはお前のエゴにしか思えない
お前には佐野にしてやれることなんて何もない

○女の子の格好に戻った瑞稀、ちゃんと男の子が女装してるっぽい仕草になってる。堀キティ、芸が細かいね。

○やっぱ、お兄ちゃん、よっちゃんだーっ。よっちゃんなら、下着ドロに間違えられても不思議じゃないよなあ。

○わざわざ佐野のところに陸上競技雑誌を持ってくる神楽坂くん。どんだけ佐野泉が好きなんだよw

○佐野泉の弟役は、トップコートの大東俊介くん。そういえば、どことなく小栗くんに似てるかも。
大東くん、昨日、お気に召すまま見に来てました。白いシャツで、爽やかだったっす。

○食堂で嘘発見器の実験するとこ、最高におもしろかった。わいわいやってるとこ、素っぽくて、すげー楽しそうだった。
で、中津が質問に答えるたびにひいてくみんながおかしい。
「なんで微妙に離れんの?やめてよ」

○わざとらしく自分の部屋によっちゃんお兄ちゃんを連れて行く瑞稀。それを佐野泉が立ち聞きしてるって、ベタだなあ。でも、ぜんぜんおっけーよ。

○佐野が立ち聞きして「おんな?」って言って、オレンジレンジの曲が流れるって、カッコいいです。

○っていうか、ナレーターって森山周一郎さんだったのね。今日始めて気が付いた。ちょっとすごい。

○ひばりさまの下着が盗まれたって聞いて、一斉に「うっそだーっ」っていう寮のみんな、おかしい。ひばりさまってそういうキャラだったのか。まあ、6年連続ミスだもんね。

○「おだまり、こまり」「工エエェェ(´Д`)ェェエエ工」

○正直、手に校長のお言葉を書いてる教頭、ウザい。宇梶さんは好きだけど。

○「お前の友だちはあほんだらすけか」って、何だよ、あほんだらすけって、梅田先生っ!

○梅田先生、女が座った椅子は除菌するんだw

○自分で掘った落とし穴に落ちるオスカーw

○難波の膝の上にさりげなく座る中央千里w

○「もしオレが男を好きだったら、どうする?」「部屋かえてもらう」
萱嶋くん、即答っすかw

○中津、いいヤツ。っていうか、トマリー、いい味出してるなあ。
中津の表情七変化、なかなかよかったっす。

○マントしてないオスカー、初めて見た

○「ロビーに落ちてたからかぶっただけです」って、、、中津w

○素肌にブラつけてる難波先輩w
「どうした中津」っていくら冷静なふりしても、ブラつけたままですよっ。

第3話って、佐野@小栗旬がたくさん出て来たよね。撮影の時間がとれたってことなのかしら、なんて言ったら、身もフタもないっす。
正直、佐野泉のキャラ、すっごく好き。原作とは違うみたいだけど、このドラマの佐野泉、大好き。
佐野泉の話し方も好き。花沢類みたいな優しい感じじゃなくて、ちょっとべらんめえっていうか、乱暴な感じ。

れつってんだよ。どうしてわかんねーんだよ
お前の願いはオレがハイジャンに戻ることかもしんねえ
けど、オレの願いはな、お前がオレの視界からいなくなることなんだよ

今回は、いっぱい好きなシーンがあった。寮の部屋で瑞稀とよっちゃんお兄ちゃんが言い合いするシーン、競技場の佐野とよっちゃんお兄ちゃんのシーン、川辺の佐野とよっちゃんお兄ちゃんのシーン、ウソ発見器のシーン、ベンチでの瑞稀と中津のシーン。
毎回こんな感じだと、かなりうれしいんだけど。

けど、アイツが背負ってるものがわかったとたん、
あいつの言葉のひとつひとつが痛いくらいにささってきて
芦屋は、家族やともだち、それに今って言う時間を犠牲にしてまでここに来た
それって、1人の人間として、単純にすげえなあって

○冷たい表情の佐野@小栗旬、好きなんだよね。花男で海ちゃんに「消えてくれない?目障りなんだよね」とかって言ったみたいな。

だから、頼むから消えてくんねえかな

瑞稀に冷たいことを言った後、後悔っていうんじゃないけど、そんなことを言った自分に腹が立つ、みたい表情が、よかったっす。

○瑞稀の頭にパンツのせる佐野w

○アニキに会ったの?って聞かれてシカトな佐野。どんだけツンデレなんだよw

○芝生にしゃがんで、芝生をなでるとこ、いい感じ。あの長い手足を折り曲げてるっていうのがいいの。そして、芝生をなでる仕草が、また。

|

« お気に召すまま 3回目 | トップページ | 時をかける少女 »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

読んでるうちに思わず笑っちゃいました。
沖野さんラブリーすぎ♪
ほんと、愛が溢れてますねぇ。
ながら見だったので、もう一回見ようっと。

投稿: maruko | 2007.07.18 20:42

marukoさん

こんにちは。
愛、ですか?
へへへ。
花ざかりの君たちへ、略して「りの君」、
おもしろいです。
何回も繰り返して見てたりします^^;

投稿: 沖野 | 2007.07.19 04:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/15796091

この記事へのトラックバック一覧です: 花ざかりの君たちへ~イケメン・パラダイス~ 第3話:

» 佐野泉 [ネットキャンパー]
花ざかりの君たちへのキャスト佐野泉という配役はちょっと残念な感じですね。 確かにサブタイトルどおりイケメンではずせない人なのかもしれませんが、 ドラマだと佐野泉が不良にしか見えないのが残念です。 あんなに性... [続きを読む]

受信: 2007.07.26 06:10

« お気に召すまま 3回目 | トップページ | 時をかける少女 »