« お気に召すまま | トップページ | 憑神 »

2007.07.11

花ざかりの君たちへ~イケメン・パラダイス~ 第2話

このぶっ飛んだノリ、好きだなあ。おもしろくて、すごく楽しい。
でも、ところどころ、展開に無理があったよね。めちゃくちゃなところはなんでもありっていうか、おもしろかったらどうでもいいけど、シリアスなとこ、っていうか、このドラマの土台になってるとこ、佐野泉がどうしてハイジャンプを飛ばなくなったのか、それをどうやって瑞稀瑞希が飛ばせるようにするのか、とか、佐野泉と瑞稀瑞希、中津の友情とか、そういうところはちゃんとしてほしいんだよね。
だから、瑞稀瑞希が佐野に部屋で「もう寝た?」って言った場面の直後、陸上競技場での親密な感じがちょっと違和感あったよ。佐野泉は、いつのまに、瑞希に自分の心の中を話すくらい心を許すようになったんだ、って。
梅田先生が瑞稀瑞希を認めて味方になるっていうところは、許容範囲なんだけど。

そして瑞稀瑞希、いつのまにかすんなり男子の中にとけこんでるよね。これも許容範囲だけど、やっぱちょっと展開早いよなあ。ま、いいけど。
それにしても、堀キティ、男子の中にいて、全然違和感ないよね。堀キティが割と自然な感じで男の子役やってるからなんだろうなあ。むしろドレス着た姿が男の子が女装してる風に見えて不思議。
そういえば、今やってる舞台、「お気に召すまま」では、男子の成宮くんが、男子のふりをしている女子の役をやって、さらに劇中で男子のまま女子のフリをするっていう複雑な芝居をやってるけど、堀キティも同じだよね。男子のふりをしてる女子が男子のまま女装する、という。まあ成宮くんはそもそも男子だからスタートラインが違うけど。
難波先輩の「終わりよければ全てよし」っていうセリフって、どうしても「お気に召すまま」を連想しちゃうよねえ。もしかして、意識してたりして。

このドラマの佐野泉って、どことなく雰囲気がロボコンの航一に似てる。おじぎして「お世話になりました」ってう言い方とか、何事にも熱くなれないところとか、瑞稀瑞希に対するそっけなさとか、航一くんぽい。
佐野@小栗旬の「あ?」っていう言い方好き。

で、中津のキャラ、いいなあ。かわいい。今日の斗真くん、はじけてたね。

その他
○「6年て、、、(ひばり先輩って)何歳?」「おだまり、こまり」
 ↑このやりとり、すごく好き^^;

○天王寺先輩、意外に人望がないのね

○ニャロメって

○「よしっ、いっしょに行ってやろう」っていう佐野泉くん。奈良漬で酔っ払った佐野泉、かわいい。

○姜くん、遊ばれてるねえ。って、自分から遊んでるの?
頭が360度回転してるとこで、ちゃんとバックで「エクソシスト」のテーマが流れてたのには笑った。

○わーい、よっちゃんだー

どうしてわかんねえかなあ。お前のそういう言葉が、重荷でしかねえんだ

原作読んでないから、佐野泉がケガした原因が瑞稀にあるって知らなかった。なるほどね。罪滅ぼしってわけ?
私、「自分のせいでケガさせちゃったから、私が飛ばせてあげたい、もう一回飛んでもらいたいっ、」とかっていうの、あんまり好きじゃないんだよね。
なんか、押し付けがましいっていうか、大きなお世話って感じじゃん。自分は自分なんだからさ。
だから、私も↑の佐野泉のセリフに同意っす。

で、結論。
「動物と子供には勝てない」

|

« お気に召すまま | トップページ | 憑神 »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/15721337

この記事へのトラックバック一覧です: 花ざかりの君たちへ~イケメン・パラダイス~ 第2話:

» 堀北真希 「花ざかりの君たちへ」〜イケメン♂パラダイス〜 第3話あらすじ 第4話ネタバレ 画像 [掘北真希「花ざかりの君たちへ」~イケメン♂パラダイス~]
「花ざかりの君たちへ」〜イケメン♂パラダイス〜 第3話あらすじ  アメリカからやってきた兄・静稀( 岡田義徳 )を女装して出迎える芦屋瑞稀( 堀北真希 )... [続きを読む]

受信: 2007.07.20 15:54

« お気に召すまま | トップページ | 憑神 »