« オールナイトニッポン演劇部 | トップページ | 仮面ライダー電王 第7話「ジェラシー・ボンバー」 »

2007.03.10

花より男子2(リターンズ) 第10話

10話を見ていて、萩尾 望都さんの「トーマの心臓」に出てきた「人は二度死ぬという。一度目は肉体の死。そして二度目は忘れ去られることによる死。」っていうのを思い出してたよ。10話のつくしは、肉体の死が来る前に、「忘れ去られることによる死」をむかえちゃってる状態なわけで、、、辛いよなあ。最終的には思い出すってわかってても、なんかね。
愛する人に忘れられるって、ほんとに辛いよね。「僕は妹に恋をする」の中で、セーラーヴィーナスこと小松彩夏ちゃんの言う「頼に嫌われてるうちは、頼はあたしのものだから」の通り、嫌われる方がまだマシなわけで。

しかし、戸田恵梨香ちゃん、やっぱめちゃくちゃかわいいなあ。だから、役が役だけに、ちょっと気の毒な気もする。ただ、海っていうキャラがむかつくってことは、それだけ戸田恵梨香ちゃんがうまく演じてるってことだから、まあいいのかな。「海って超ムカつく~」って思わせたら、勝ちなんだもんね。てことで、私も海にはむかつきましたけど^^;

だからこそ、小栗類くんの海に対する一連の態度は、カタルシスなわけで、、、。
「こんにちは」っていう海を軽く無視する小栗類。
つくしの「(海ちゃんは)笑顔が太陽みたいだよね」に対して「オレ、きらい」っていう小栗類。
そして、冷たく「消えてくれない?目障りなんだよね」って言い放つ小栗類。
この時の小栗類くんの表情って、「小栗旬」らしいよね。っていうか、なんとなく懐かしい感じがする。花沢類みたいな優しいキャラでもなく、花沢類だけど花沢類じゃない、第3話でつくしを追いかけて走ってる時の小栗類でもなく、コーくんとかうっちーみたいなおちゃらけたキャラでもなく。「羊のうた」の高城一砂とか「ロボコン」の最初の方の航一くんとか、そんな雰囲気だったよね。あの表情と言い方、かなりツボでした。

で、「牧野のこと考えろよっ!」とどなる、小栗類。4話とか5話とかの、類だよね。せっかく、(大好きな)司とつくしがうまくいって、身を引いた甲斐があったと思った矢先、こんなことになっちゃって、また、ひたすらつくしを心配してフォローする花沢類になってた。

っていうか、ずるいよ、小栗類くん。すげー、おいしい役回りじゃん。これでまた全国の女子のハートをわし掴みってわけっすね。
ハートって言えば、「ハート」の再放送は4月4日までおあずけだって。ううう。

しかし、予告のあきらと総二郎(彰と修二みたい)、「海ちゃん誘惑大作戦と行きますか」って、またそんなこと言ってんの?その作戦は、滋ちゃんの時に思いっきり玉砕した作戦だろうがっ!
そして、類の「あの子に牧野は越えられないよ」っていうセリフ。いやー、わかってるけど、ドキドキする。

遡るけど、やっぱケンの自殺は楓のシナリオだったのね。ケンに「このことは西田も知ってたのか?」って聞いた後、ケンの方を振り向いた道明寺=松本潤くんの表情、すごかったね。凄みがあるっていうか、深みがあるっていうかなんていうか。松本潤くん、さすがっす。

で、やっぱりF4!F4のシーンはいいなあ。何があってもF4のシーンがあれば許す。
そして、あの道明寺がまた謝ってる。「昨日は悪かったな、総二郎。お前に本当のこと言われてカッとなって」とか。成長したんだねぇ。しみじみ。
そんな司に、クレジットカードやら現金やらケータイやらをくれるF3のみなさん。さすがお金持ち。でも、クレジットカードって本人じゃなくても平気なのか?軽くヤバい気がするんだけど、、、。でも、ま、あきらさんが現金たくさんくれて、とりあえずカード使わなくてよさげだから、いっか。あきらの「基本的にそういうお家柄なの」っていうの、超受けた。やっぱ、闇のフィクサーとかそういう人たちは、足がつくからカードとか使わないのかね。

司が胸を手で叩いた後、こぶしを突き出して、それにF3が自分のこぶしを軽くぶつけるとこ、超カッコよかった。そして道明寺が振り返るところがスローモーションになり、ここでタイトルバック行くかと思いきや、画面ストップ、Love so sweetもストップしてつくしの場面に。
そういうフェイントいらないから。

「ルイたちは友を呼ぶ」って、ほんとまちがってるけど、微妙にあってておかしい。
「お前らにとって俺は友だろうが」

もう十分苦しんでるのに、これ以上私を苦しめたいわけ?
今回の冒頭のつくしは、「いつものつくし」だったなあ。あの自殺寸前の山本学さんに関係ないって言われて逆ギレして、ぽんぽんと話すところはなかなか痛快だったです。やっぱ、つくしはああじゃないと。でも、また、司の記憶障害と中島海の存在で苦しめられるつくし。「リターンズ」は、「つくしいじめドラマ」なのだな。

山本学さんとのやりとりで、「ありがとうっていう言葉は、魔法の言葉なんじゃないかな」ってあるけど、あれって、やっぱFlavor Of Lifeを意識してんのかね。
そして、きっとあの山本学さんの「世紀の大発明」が最終回への伏線なのね。

「ついてきてくれ」っていう道明寺の手をつなごうとして、またもやつなげないつくし。前回、前々回と、つくしと司が手を繋ごうとするのに、すんなり手をつなげない、とか、繋いだ手をすぐに離しちゃうとか、手を繋ぐに繋げないシーンが出てきて、これはリターンズでの二人の関係を象徴してるんだよね。なかなかうまいなと思いました。

今日の小栗類くん
○HANAZAWA AIRLINE
○病院でもその辺に寝そべる小栗類。
○「俺たち誰だと思ってんの?天下のF4だよ」
○「司が牧野のこと、思い出さないわけないじゃん」

今日の道明寺司
○「俺は今度こそ牧野と二人で、人生を歩いていく」
○「惚れた女を迎えに来た、ただの男ですから

今回一番萌えたセリフは、↑もいいけど、やっぱ小栗類くんの「消えてくれない?目障りなんだよね」、かな。

|

« オールナイトニッポン演劇部 | トップページ | 仮面ライダー電王 第7話「ジェラシー・ボンバー」 »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
嵐ファン、担当は櫻井翔ですが
もちろん、松潤出演の花より男子は1、2と
見ております!!
頷くツボが いっぱいありましたが
類の海ちゃんへの冷たい態度に共感しきり!
憎まれキャラって位置だと思うので
きっと誰がやっても 何よ!と言われちゃうけど
演じる側は やりがいあるかも♪
デスノートでミサミサファンだったから
登場は嬉しいけど、やっぱりキャラは大嫌い!
類の冷たい台詞に 救われた回でした
つくしの記憶復活のための奮闘ぶりも
玉砕されちゃったし、司は舌打ちして
つくしのこと遠ざけるし〜で、二人には
甘いシーンは放送直後の漁村シーンのみ!
だから…この回は 類を見て共感しまくってた
あと1回で終わりですね…なんか…寂しいなと。

投稿: アッキーより | 2007.03.10 22:29

アッキーさん

はじめまして。
私もミサミサ好きです。
ほんと、戸田恵梨香ちゃんは大好きなんですが、海のキャラはちょっと、、、っていう感じですよね。
そんな中、やっぱ類がこっちの思いを代弁してくれましたねー。
類が海にいろいろ言ってくれなかったら、今ごろ悔しくて眠れないところです^^;

そして、いよいよ後1回になっちゃいましたね。早く結末が見たいけど、終わっちゃうのも寂しいし、複雑な気持ちです。
っていうか、「F4」に会えなくなっちゃうのが超さびしいです。
単体ではきっといろんなとこで見れると思うんですが、、、。
ということで、コメント、ありがとうございました。

投稿: 沖野 | 2007.03.11 05:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/14208881

この記事へのトラックバック一覧です: 花より男子2(リターンズ) 第10話:

» 花より男子2(リターンズ) 第10話 [MAGI☆の日記]
花より男子2(リターンズ)の第10話を見ました。文字数制限を越えたのでレビューはフリーページに書きました。  花より男子DVD-BOX流星雨DVD-BOX流星花園〜花より男子〜DVD-BOX1←台湾版の花より男子のドラマ。吹き替えだと司は小西克幸さんで、類は谷山紀章さんなので豪...... [続きを読む]

受信: 2007.03.10 10:22

» 小栗旬 新着画像(動画)【YouTube】 [小栗旬 画像(動画)ブログ記事 新着情報]
はじめまして。ブログを楽しく見させていただきました。この度、小栗旬 画像(動画)ブログ記事 新着情報というサイトを作りましたのでトラックバックをさせていただきました。ぜひご訪問いただければ幸いです。もしもお気に召さなければ、お手数ですが削除をお願いします。失礼いたしました。... [続きを読む]

受信: 2007.03.11 13:49

» 花より男子2 第10話『消えた思い出』 [花より男子&小栗旬の画像]
いよいよ次週最終回!! [続きを読む]

受信: 2007.03.12 22:15

« オールナイトニッポン演劇部 | トップページ | 仮面ライダー電王 第7話「ジェラシー・ボンバー」 »