« ストロベリーショートケイクス | トップページ | ベランダで »

2006.11.03

DEATH NOTE~the Last name~

監督/金子修介
原作/大場つぐみ 小畑健(作画)
脚本/大石哲也   
出演/藤原竜也 松山ケンイチ 戸田恵梨香 藤村俊二 鹿賀丈史 奥田達士 清水伸 小松みゆき 前田愛 板尾創路 満島ひかり 五大路子 津川雅彦 片瀬那奈 マギー 上原さくら 青山草太 中村育二
声/中村獅童 池畑慎之介

見てきました。池袋シネマサンシャイン。舞台挨拶つき。
おもしろかったです。ラストはちょっと不満だけど、こうするしかないのかなあ?って感じかな。藤原竜也くん、すごかったです。さすがっす。それから、Lっていうキャラクターがよかったです。松山ケンイチくんが宣伝番組でおっしゃっておられましたが、いい感じに変化していく様が見られました。パンフレット見たら、Lが主役の「アナザーデスノート」ありそうな感じ。楽しみです。
舞台挨拶は立ち見も出る盛況で、藤原くんと松山ケンイチくんはノリノリでした。

(追記)
綴りまちがってるしw。「DETH」ぢゃなくて「DEATH」ですよう>自分
というわけで、追記です。

「後編」ていうだけあって、「続き物の強み」があるよね。「前編」を見てる人には登場人物のキャラがわかってるから、いろんなことがやりやすいっていうか。ちょっとしたことで笑わせたり。キャラがどういう風に変わっていくか、っていうところも見せやすいし。特に、「L」のキャラが印象的。すごい魅力的に描かれてたと思う。「L」のアナザーストーリー、ほんとにあるといいなあ。
あと、青山草太くんの松田刑事、前編よりも出番がたくさんあって、活躍してました。さすがウルトラマンてところを見せてくれてます。さすがに変身はしないですけど、、、念のため。あ、変装はするかw。

舞台挨拶は、藤原竜也くん、松山ケンイチくん、戸田恵梨香ちゃん、金子修介監督。戸田恵梨香ちゃん、かわいかったっす。舞台挨拶とかで緊張したことはないのに、今日はすごい緊張してるって言ってました。藤原竜也くんは、埼玉出身なんで池袋はよく遊んでたところで、シネマサンシャインもよく映画を見ていた映画館で懐かしかった、と。自分がよく映画を見ていた場所で自分が舞台挨拶してるのは不思議な感じだ、みたいなことを言ってました。・・・って、藤原くん、15歳くらいから舞台やってるのに、今でもそんな気持ちになるんだーって思いました。
舞台挨拶が終わって退場する時、藤原くんと松山ケンイチくんが何かこそこそ相談してるなって思って見てたら、二人していきなり舞台から降りて、中央の通路を通って帰って行きました。女子は大喜び、係のお兄さん困惑、って感じ。後で怒られてないといいけど^^;。

で、ここからかなりネタバレしてるので、たたみます。

ほんと、かなりネタバレしてるんで、見てない方はご注意を。

この映画って、「正義とは?」とか「マスメディアとは?」みたいな問題提起をしてるようで、本質はライトとLの頭脳戦で、「デスノート」のいろんなしばりを活用しつつ、二人で対戦型のロールプレイングゲームをやってる、みたいな話だから、「正義とは」みたいな大上段に構える見方よりも、二人の腹のさぐりあいを楽しむ映画だと思ってるんで、「ライト的正義」は最後には滅びる、みたいな結論はちょっとガッカリしたんだよね。そこが映画の終わり方が不満て書いた理由なんだけど。だからって、あのラストがダメって言ってるわけじゃなくて、映画的にはああいうラストはありだと思う。「L]と夜神総一郎との別れのシーンとか、切なくてすごくいい感じだったし。ちょっとだけ、私がライト@藤原竜也に肩入れしてたってだけなのかもw。

で、結局、夜神月の敗北で終わったわけだけど、藤原竜也的には、「勝ち」だったよね。狂気の天才としての死にっぷり、すごかったですよ。死ぬ前に笑うシーンとか鬼気迫るものがあって、すごい迫力だった。父親の夜神総一郎に話しかける時の冷静さが、一転して狂気に変化していく様子とか、デスノートの記憶を失っている時のライトと記憶を取り戻した時のライトとの演じ分けとか。「L」にしてやられたってわかってからの追い詰められていく様子とか。やっぱ藤原竜也はすごいっていうのを再認識した映画でした。

|

« ストロベリーショートケイクス | トップページ | ベランダで »

「映画」カテゴリの記事

コメント

いいな、いいな、いいな~!
↓もそうだけど、私が見たい映画を
沖野さんが変わりに見に行ってくれてるような気も(笑)
でも、これは頑張って?見に行きますよ~。
ラストが沖野さん的にはちょっと・・・なんですね。
どんな感じか楽しみです。

投稿: maruko | 2006.11.03 20:07

marukoさん

デスノート、がんばって見てきてください!
ラストは、私が期待してたような終わり方じゃなかったっていうだけで、映画的にはおっけーだと思います。
marukoさんの感想、楽しみにしてます~!

投稿: 沖野 | 2006.11.04 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/12537776

この記事へのトラックバック一覧です: DEATH NOTE~the Last name~:

« ストロベリーショートケイクス | トップページ | ベランダで »