« 仮面ライダーカブト 第32話 | トップページ | オレステス »

2006.09.11

アキハバラ@DEEP 原作

文庫本が出たので、原作を読んでみました。おもしろかったです。
読んでみてわかったけど、映画って、原作にすごく忠実に作ってあったのね。違うのは、ダルマが出てこないってことと、渡会藤子@寺島しのぶがオリジナルキャラだってことくらいかな。
あのいろんなダークで重い部分ていうのは、原作そのままだったのね。で、原作は、あんまりヲタクっぽくなかった。主人公が特殊なハンディを背負ってたり、舞台がアキハバラだったり、「ヲタクの世界」を描いてたり、みたいなそれっぽい設定にはしてるけど、お話そのものはオーソドックスな冒険活劇&青春群像劇っていう感じ。映画のヲタク臭の薄さっていうのは、原作から来てるんだなってわかった。
その分、テレビドラマ版が思いっきりヲタクっぽい。原作からダークで重い部分をとっぱらって、ヲタク臭を加えたのがドラマ版て感じかな。私的には、どっちの世界も好きなんだけどね。
で、どっちの世界にも共通してるのが「仲間」とか「大きな敵に力を合わせて立ち向かう」とかっていうところ。あと、ハンディを逆に強みにしちゃうとこ、とかね。やっぱ、そういうのがツボなのよね。

映画にあんまり人が入ってないっていう話なんだけど、たぶん、ターゲットがはっきりしないからじゃないかなあって思う。キャスト萌えな人には、吃音だったり、極度の潔癖症だったりっていう特殊な設定にひいちゃうとこがあるんだろうし、ヲタク的世界を期待してる人にはキャストがカッコよすぎたり、ヲタク臭があんまりしなかったり、っていうのが違和感があるんだろうし。
役者萌えで、こういう世界がけっこう好きな私にとっては、全然おっけーだったんだけどね。
だから、ちょっともったいない気がします。映画そのものはよくできてると思うもん。キャストも、主役も脇役もいい感じだし。あっという間に終わっちゃいそうだから、早めにもう1回見に行こうっと。

以下、ネタバレ

原作にも出てきたけど、拷問のシーンがけっこう好きなんだよね。って、別にヘンタイじゃないですから^^;
ページとタイコが拷問されてるとこそのものじゃなくて、その拷問に対抗するのに自分の弱点を武器にするところがなんか痛快で。タイコはフリーズで、ページは吃音のせいで自白してるのに何言ってっかわかんなくて意味ねーってとこが、最高。
映画でも原作でも、ページといっしょに泣いたし、「ざまーみろ」って言ったもん、こころのなかで。

映画版で残念だったのは、ユイさんのことかな。5人を結びつけるっための存在っていうだけだったのが、ちょっとね。ドラマのユイさんは、魅力的だった。ドラマ版オリジナル設定の、ユイさんと中込が昔付き合ってて、そのユイさんの面影を追い求めた故の中込の行動が切なかったし。ただ、中込が愛すべキャラになっちゃった分、アキハバラ@DEEPの戦う理由がちょっとボケちゃったけど。やっぱ、倒すべき敵は、大きくて悪な方が、戦いがいがあるもんね。

|

« 仮面ライダーカブト 第32話 | トップページ | オレステス »

「ドラマ」カテゴリの記事

「映画」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

見に行きたいんですよ~。
この前行くはずだったのに予定が急に変わっちゃって・・・。
近くのシネコンでは公開1週間にして
上映が4→2回に減ってます。
うぅぅ見に行けるかなぁ。

投稿: mauko | 2006.09.11 20:27

maukoさん

うう、早くmaukoさんの感想が聞きたいです。
がんばって見てきてくださいです。

投稿: 沖野 | 2006.09.12 03:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/11850198

この記事へのトラックバック一覧です: アキハバラ@DEEP 原作:

« 仮面ライダーカブト 第32話 | トップページ | オレステス »