« 日本vsイエメン スタメン | トップページ | 仮面ライダーカブト 第29話 »

2006.08.20

ハチミツとクローバー

監督/高田雅博
原作/羽海野チカ
脚本/河原雅彦 高田雅博
主題歌/スピッツ『魔法のコトバ』
エンディングテーマ/嵐『アオゾラペダル』
出演/櫻井翔 伊勢谷友介 蒼井優 加瀬亮 関めぐみ 堺雅人 西田尚美 堀部圭亮 宮崎吐夢 銀粉蝶 中村獅童 利重剛 春田純一 清水ゆみ 池田鉄洋 真島啓 浜野謙太 田辺誠一

見てきました。渋谷シネマライズ。水曜日に行ってきたんだけど、シネマライズって、レディースデーはやってないのね。知らなかったよーん。一旦チケット売り場に並んだんだけど、列からはずれて前売り券買いに行っちゃったよ。
で、まあまあおもしろかったです。最初はちょっとかったるかったけど。後半がすごくよかった。やっぱ、竹本くんが自転車に乗らないとね。
アニメしか見てないんで、マンガの方とは比べられないんだけど、アニメの世界と比べると、ちょっと大人しいっていうか、すごい「現実的」っていう感じ。最近、同じ少女マンガ原作の映画、それもコメディを何本か見たんで、ハチクロも同じようにマンガチックなのかと勝手に思ってた。個人的には、もっとはじけちゃってもいいんじゃないかって思うけど、これはこれでいいのかも。アニメは、ありそうでない、みたいな、ちょっとそれはあり得なくない?みたいな感じがすごい好きなんだけど。映画は、オリジナルの世界をより現実的に、より等身大のキャラクターにしていて、それが逆に独特の世界を作り出していて、よかったと思う。
前半に感じたかったるさって、もう一つ映画的ハチクロの世界に入り込めなかったせいなのかなって思う。後半、竹本くんが自転車に乗ってからは、急速に「映画的ハチクロの世界」に引きずり込まれたから。もう1回見たら、前半の印象も変わるのかもね。
自転車に乗ってる竹本くん、ほんといじらしくていっしょうけんめいで、切ないっす。最初、桜井くんは竹本くんのイメージじゃないかなって思ってたんだけど、「映画的ハチクロの竹本くん」だったら、ぴったりかも。
イメージっていえば、登場人物で一番イメージに近かったのって、理花さんなんだよね。西田尚美さんて、ここのところ元気いっぱいの役しか見てなかったけど、物静かな理花さんみたいな役もハマってた。さすが女優さん、て感じ。

そしてイメージとかそういうのは全然関係なく、はぐちゃん@蒼井優ちゃんが最高にかわいかった。仮に話が全然つまらなかったとしても、蒼井優ちゃんを見てるだけで、この映画を見る価値はあったと思う。表情がいきいきしてて、すごくかわいい。笑った顔も、泣きそうな顔も。あとしぐさもね。お洋服もかなりツボでした。ボーダーのカットソーにフォークロア調ワンピを重ねてたのがかわいかった。あと、エスニック風の青っぽいプリントワンピ。

主要キャストしか知らないで見に行ったんで、堺雅人さんが出ててびっくり。っていうか、うれしかったです。あと、真山の妄想に出てきた春田純一さんがいい味出してたw

アニメは、今、野宮さん萌え中なんだけど、、、映画には出てこなかったっす。もし野宮さん出てくるとしたら、誰がいいなかあ?大人な感じのメガネ男子。西島秀俊さんとか?ちょっと年とりすぎかな。

|

« 日本vsイエメン スタメン | トップページ | 仮面ライダーカブト 第29話 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/11518100

この記事へのトラックバック一覧です: ハチミツとクローバー:

« 日本vsイエメン スタメン | トップページ | 仮面ライダーカブト 第29話 »