« さよなら、永久歯 | トップページ | 仮面ライダーカブト 第18話 »

2006.05.28

DEATH TRANCE

見てきました。シネマート六本木。

監督:下村勇二 
脚本:加藤淳也 藤田真一 千葉誠治 下村勇二 
アクション監督:坂口拓 小原剛
キャスト:坂口拓 須賀貴匡 剣太郎セガール 竹内ゆう紀 藤田陽子

久々に、「なんじゃこりゃ」な映画を見ちゃったって感じ。見終わった後の「どうしていいかわかんない感」は、「IZO」以来かもしんない。つまんなかったわけじゃないんだけど。
どこの国のどこの時代なのか、全くわからないような設定にして、独特の世界観でお話は進んで行きます。アクションシーンがふんだんに使われていて、そのスピード感とかリアルな感じとかはすごいと思った。

ただ、お話は単純で、何でも願いがかなうという「棺」を捜し求める何人かの登場人物が、途中お互いに闘ったり、あるいは化け物みたいなのと闘ったりしながら、「禁断の森」に向かって旅をする、というもの。ファンタジーっすね。でも、このけっこう単純なファンタジーな物語と、この映画の持つ独特の世界観がマッチしない感じなんだよね。っていうか、私的には、この独特の世界観がダメだったんだよね。素直に入り込んでいけない感じ。よくPVとかで見るような変なメイクをした男女が着物をアレンジしたみたいな変な衣装を着て出てくる、っていう。別に奇をてらわずに、ストレートな冒険活劇にしてもよかったんじゃないのかなあって思ったんだけど。変わったことしないと、映画祭とかで注目されないから?
そんな中、僧侶リュウエン役の須賀貴匡さん、メイクも普通ぽく、衣装も割と普通、役柄もマジメでちょっと弱いっていうキャラで、そこだけ世界が少し違っていて、リュウエンが出てくるとほっとしました。須賀さんは、この映画では、狂言回しっていうか、語り手っていうか、拠り所、みたいな存在で、それで、普通な感じだったのかもね。でも、リュウエンが「神壊刀」を使いこなせるようになるんじゃないかって、ちょっと期待したんだけど、、、龍騎的須賀貴匡が出てくるかなあって。でも、違いました。「折れたーっ!」みたいな展開にちょっとだけなりかけたけどね^^;

映画の冒頭で、登場人物が、「棺を奪った男」は「身の丈は人間の10倍もあって化け物みたいに強くて、で、子供を連れている」っていう噂をしていて、「もしかして、子供って、須賀さんのこと?」って一瞬思った、っていうのは、秘密です。

D・Pに出ていた藤田陽子ちゃんが破壊の女神役で登場。かわいかったです。D・Pっていえば、監督の千葉誠治さんが、脚本に参加されてますね。そういえば、藤田陽子ちゃん、野田秀樹さんとご結婚されたんですよね。このニュースを聞いた時はかなりびっくりしました。

|

« さよなら、永久歯 | トップページ | 仮面ライダーカブト 第18話 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/10269569

この記事へのトラックバック一覧です: DEATH TRANCE:

« さよなら、永久歯 | トップページ | 仮面ライダーカブト 第18話 »