« あけおめ | トップページ | ウォーターズ »

2006.01.01

新選組!!土方歳三 最期の一日

一足先に、NHKハイビジョンで見ました。
地上波での放送は、まだ先なので、詳しくは書かないですが、おもしろかった、っていうか、すげーカッコいい。熱いっす。泣いたっす。
いや、もうど真ん中のストライクで、なんて言っていいかわかんないっす。三谷さん、すごいっす。

これで、心置きなく、三日の夜は「八犬伝」を録画しといて、「古畑任三郎ファイナル」を見られるかな。ちなみに、「新選組!!土方歳三 最期の一日」は、7日の夜にアナログBSで放送します。どれ見ようか迷ってる方、見ようと思えば全部見られますよん。

|

« あけおめ | トップページ | ウォーターズ »

「ドラマ」カテゴリの記事

コメント

先ほど、NHK総合で見たよ。
ううううう、三谷作劇炸裂。いい話だなあ。
これで正真正銘、三谷新撰組は最後かと思うと切なくてたまらんす。

投稿: なりさわ | 2006.01.03 23:03

なりさわ様

いやー、もう、「これは生きるための戦いなんだ」っていうセリフだけでね、もうおなかいっぱいっすよ。
鵺のエピソードの使い方、うまかったねー。
っていうか、あの試衛館のくだりで涙涙だったっす。

投稿: 沖野 | 2006.01.04 01:40

ヨ的ツボは冒頭、敵の食料庫を襲撃するシーン。
掲げられる『誠』の旗がボロボロなのを見て泣いた。
もうそれだけでおなかいっぱいでした。

投稿: ヨさま | 2006.01.04 19:53

 個人的には『利家とまつ』より傑作だと思ってる『新選組!』、今回も総集編を含めて見たら、号泣・号泣・また号泣!です。

 あの髪型にしたら、山本耕史氏はホント実在の土方歳三に似てますね。オープニングの「待たせたな」ってセリフがまたニクイ。いろんな意味がこもっていて、あれだけで作品の世界に引き込まれしまいました。

 ラストで、吹越満氏演じる大鳥圭介が、泣き叫びながら作戦ボード?を壊してしまうシーンに、やっと親しくなれた土方の死に対する哀しみと、政府軍に自らの信条を粉々にされた悔しさが爆発していて、こちらも「どうしてなんだ!」と叫びたくなるくらい、見るのがつらかったです。

 まだまだ謎が多く、いまだに研究が続いている新選組。少し本を読んでみたくなりました。

投稿: | 2006.01.04 21:26

ヨ様

うんうん、あのボロボロの旗、ツボだった。
あとね、ロマンチと市村鉄之助役の池松壮亮くんが、軽くツボ。
で、総集編で、斎藤一が「新撰組はまだ終わっちゃいない」って絶叫して旗たてるとこで思い出し泣き。

投稿: 沖野 | 2006.01.05 00:34

駒さん

あの「待たせたな」、こっちが待ってましたって感じでしたね。斎藤一の「承知」っていうのもあったし。
で、山本耕史さんの写真、本物の写真に似てましたね。顔が似てるっていうより、雰囲気とかにじみ出てくるものが、似てるって感じでしたねえ。
最後、市村鉄之助が転んで、写真が落ちるところの演出もニクイなって思いました。

投稿: 沖野 | 2006.01.05 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/7948555

この記事へのトラックバック一覧です: 新選組!!土方歳三 最期の一日:

« あけおめ | トップページ | ウォーターズ »