« 仮面ライダーカブトと轟轟戦隊ボウケンジャー | トップページ | 仮面ライダースーパーライブ »

2006.01.26

ギミー・ヘブン

見てきました。渋谷ユーロスペース。おもしろかった。っていうか、気持ちよかった。癒し系の映画では全然ないんだけど、なんか見ててそう感じたんだよね。
で、ある意味、「宮崎あおい」ちゃんのための映画だったな。ラストシーン、かわいすぎ。このシーン撮りたくて映画作ったんじゃないの?って思えるくらい。キレイでかわいくて、で、ちょっとこわかった。あおいちゃん、すごい。っていうか、かわいい。
続きはまた、後で。

で、続き。
主要な登場人物を演じてる俳優さんたちが、みんな怪しいっていうか、アブナイ感じの人たちばかりで、、、安藤政信、宮崎あおい、松田龍平、鳥肌実のみなさん。そんな中で、江口洋介だけがちょっと浮いて見えるんだよね。「普通」な感じだから。但し、劇中で江口洋介演じる葉山新介は、「共感覚」っていう、他の人間とは全く違う感覚を持つっていう設定だから、ある意味「浮いた存在」なわけで、その辺の「ネガポジ」みたいな「白黒反転」みたいな感じが面白かったです。
パンフレットには「ボーイ・ミーツ・ガール」だって書いてあったけど、私的にはどっちかっていうと「江口洋介&安藤政信版俺たちの旅路」って感じだったかな。

|

« 仮面ライダーカブトと轟轟戦隊ボウケンジャー | トップページ | 仮面ライダースーパーライブ »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/8352052

この記事へのトラックバック一覧です: ギミー・ヘブン:

« 仮面ライダーカブトと轟轟戦隊ボウケンジャー | トップページ | 仮面ライダースーパーライブ »