« 仮面ライダー響鬼 二十四之巻 | トップページ | 地震 »

2005.07.24

鋼の錬金術師~シャンバラを征く者

見てきました。舞台挨拶付き。丸の内ピカデリー1。
ひさびさに普通の映画館で映画を見たっす。普段ミニシアター系ばっかりなので、新鮮、、、っていうか、画面でかっ。
実は、原作のマンガは読んでないし、TVアニメ版も夜中の再放送をチラ見したくらいでいきなり行ったんですが、、、十分楽しめました。マンガもアニメ版も見たくなっちゃった。マンガ、大人買いしようかな^^;

舞台挨拶は、主役の兄弟の朴ろみさん、釘宮理恵さん。劇場版オリジナルキャラの小栗旬さん、沢井美優ちゃん、かとうかずこさん。後は監督の水島精二さん。
エド役の朴ろみさんて、すてきな方でした。っていうか、カッコよかったっす、いろいろ。なんか、司会のお姉さんがいなくてもよかったかなっていうくらい、仕切ってくれるっていうか、盛り上げてくれて、、、楽しかったです。声優系の方のは初めてだったんですが、なんていうか、テンションが高かったです。
あ、いつも見てる方のが暗くてイヤだって言ってるわけじゃないっすよ。テンション低かったりとか、意味不明な発言があったりとか、そういうのも、趣があっていいかな、なんて。

生沢井美優ちゃん、初めて見ましたけど、かわいかったっす。声優は初めてだそうですが、けっこういい感じだと思いました。セーラームーンのアフレコとは、やっぱ違うんですかね。違いますよね。
キャラがうさぎちゃんとも本人とも違う、ちょっとミステリアスで落ち着いた感じだったんだけど、声はイメージに合ってました。プリンセス・セレニティっていう感じかな。

小栗旬さんは、もう一つの世界っていうか、現実世界っていうか、別世界のアルの役。おとなしめな感じで、「あずみ」で言えば、「なち」かな。途中で、ちょっとだけ叫ぶところはあるけど、全体的にすごく静かなキャラでした。
なんか、あんまり声優ぽくなかったです。普通ぽいっていうか。でも、その声優ぽくないところが、逆にいいのかなって思いました。ナチュラルな感じが。
声もカッコよかったっす。てへ。

で、脚本て、會川昇さんだったんすね。←何にも知らないよ、自分。
會川昇さんつーと、仮面ライダーブレイドの後半の脚本も書いてましたね。そういえば、前半まったりしてたのが後半はちょっと緊迫してきてたなあ、なんて思ってみたり。劇場版ハガレン見ると、それも頷けるなあ、って感じでした。

|

« 仮面ライダー響鬼 二十四之巻 | トップページ | 地震 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/5120498

この記事へのトラックバック一覧です: 鋼の錬金術師~シャンバラを征く者:

» 劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者(FULLMETAL ALCHEMIST) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
「人は何かの犠牲なしに、何も得ることはできない。何かを得るためには、同等の代価が必要となる。それが錬金術における等価交換の原則だ・・・。」 荒川弘原作で、2003年10月〜2004年9月にTVアニメ化された「ハガレン」こと「鋼の錬金術師」の続編にあたる物語。 公開... [続きを読む]

受信: 2005.07.25 02:14

« 仮面ライダー響鬼 二十四之巻 | トップページ | 地震 »