« 柳生十兵衛七番勝負&ホーリーランド | トップページ | 仮面ライダー響鬼 十之巻 »

2005.04.03

隣人13号

渋谷のシネクイントで、見てきました。舞台挨拶は、はずれ。感想です。

「見ていて楽しい映画」では決してないと思うんだけど、けっこう楽しめました。ある意味「癒しの映画」なのかもしれないなあと思ってみたり。見る前は、一回見たら二回は見なくてもいいかなって思ってたけど、見た後はもう一回見てもいいかなって思ってる。ミニシアター回数券があまりそうになったら、見ようかな。

で、新井浩文さん演じるイジメっ子トールの後輩の役で、死神ホストっていうか、怪童子が出てました。怪しかったです。ヒビキさんっ!こんなところに魔化魍がっ!
怪しいといえば、アパートの住人の役で三池崇史さんが出てましたが、、、怪しいことは怪しいけど、ほんとにあんなことやってそうで、あんまり違和感がなくて笑った。
個人的には、関くんの同人っぷりが気持ち悪くてツボでした。

|

« 柳生十兵衛七番勝負&ホーリーランド | トップページ | 仮面ライダー響鬼 十之巻 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23440/3540848

この記事へのトラックバック一覧です: 隣人13号:

» 「隣人13号」 原作マンガを超え、いい意味で期待を裏切る秀作! [エンタメ情報 メッタ斬りぎり]
監督:井上靖雄 原作:井上三太 出演:中村獅童、小栗旬、新井浩文、吉村由美、石井智也 ■主人公・十三(小栗くん)       ■十三の別人格・... [続きを読む]

受信: 2005.04.04 21:12

« 柳生十兵衛七番勝負&ホーリーランド | トップページ | 仮面ライダー響鬼 十之巻 »