2017.10.07

okino_sayaka: from twitter


#あゝ荒野 見た。面白かった!157分という長丁場だけど、長く感じなかった。#菅田将暉 くんの狂気と可愛さが同居している新宿新次、すごくよかった。バリカンの #ヤン・イクチュン さん、可愛い。でも、あの自殺云々のくだり、必要?寺山修司の世界には合わない気がした。 #cocolog

from Twitter https://twitter.com/okino_sayaka


October 07, 2017 at 04:11PM

via IFTTT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.02

okino_sayaka: from twitter


#スピリッツ の #仮面ライダーW 特集、読んだ(涙)。フィリップと翔太郎の対談、感涙ものです。三条さんと塚田Pの対談読むと、菅田将暉くんと桐山漣くんは、出会うべくして出会ってフィリップと翔太郎になったんだって思える。 運命だったんだよね。 #cocolog

from Twitter https://twitter.com/okino_sayaka


October 02, 2017 at 07:16PM

via IFTTT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.30

#亜人

 

#亜人 ほぼ戦ってるシーンなんだけど、面白かった。てか、#電王 かと思いましたよ、佐藤健くんだけに。モモタロスっぽいの、いたよね?あと、ジョジョ?でも、#玉山鉄二 さんのツンデレに1番萌えた。「俺のそばを離れるな」って、俺を守れってのと少し違う意味よねw。 #cocolog

from Twitter https://twitter.com/okino_sayaka


September 30, 2017 at 08:46AM

via IFTTT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.26

@okino_sayaka : from twitter


ひよっこ最終週の予告に 本物のひよこがいたような気がするのですが、それって、「ひよっこにひよこが出てこないのはけしからん」というクレーム対策でしょうか。#LIFE人生に捧げるコント #ひよっこ #cocolog

from Twitter https://twitter.com/okino_sayaka


September 26, 2017 at 03:43AM

via IFTTT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.25

おんな城主直虎 #38

 

#虎松 と #亥之助 が、#帝一の國 なんだけど。#虎松 が、帝一に見えてくるよ。#直虎 #cocolog

from Twitter https://twitter.com/okino_sayaka


September 25, 2017 at 01:58PM

via IFTTT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.27

怪盗山猫 #5、#6

サクラのお父さんを殺した犯人、もう少し引っ張るかと思ったけど、あっさり解決。前の週に初めて出て来たキャラが犯人て、意外と軽い扱いだったね。山猫が犯人では絶対ないと思ってたけど。

そして、勝村は仲間に助けられて涙流しちゃうような人間。こんなピュアな勝村がまさか、と思わせておいてカメレオンて言うのはあり得るとおもうんだよね。あの涙は別に嘘ではなく本物の涙だと思う。なので、カメレオンていうのは勝村のもう一つの人格とかで、いつものように山猫にいいように使われて誰かに痛めつけられてる時に、もう一つの人格が出て来るとかさ。で、最終的には山猫がカメレオンと対決して、勝村の中のカメレオンの人格を殺して勝村の人格を解放する、とかね。
サイコパスな成宮くんも見たいけど、なんかピュアな勝村もかわいく思えてきて、このまま最後までピュアなまま行ってほしいような気にもなってきたのよね。勝手だけど^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.12

わたしを離さないで #4

やっぱり恭子たちはクローンなんだね。生殖機能を持たないように遺伝子操作されて作られた人間。真美が「複製された」って言っていたから、どこかにオリジナルの存在がいるってことだよね。それって、マダムが泣いてたことと関係があるのかな。もしかして、恭子か友彦のどちらかがマダムの亡くなった子供のクローンだったりして。マダムが突然現れた恭子を見て驚いたのも、ゴキブリを見たからじゃなく、幽霊を見たと思ったから、とか。
 
今回も、好きな男の子には彼女がいるから寂しくて、優しくしてくれる先輩とつい結ばれる、とか少女マンガにありそうなシチュエーションだった、、、。
ヒロイン失格と同じ、、、でも、こうも違うのか、と^^;
だけど、日常の中でちょいちょい友彦と恭子の心がふれあうところがあって、ちょっとほっとする。って思ってたら、次回は2人でどこかへ出かけて、恭子は友彦に好きだって言うのね。なんかよかった、、、とはならないのかなあ。とりあえず、オリジナルが誰か、わかるのかな。

それにしても、友彦@春馬くんが恭子を想う気持ちが、言葉じゃなくて表情やちょっとした行動で如実に表されていて、言葉にするより切ない感じが伝わってきた。いろいろ歪んでるけど、恋愛ドラマなんだなあ、と。

今回、真美が暮らしてる他のコテージの様子や、恭子たちのような存在を支援する団体があるっていうのがわかったけど、なんか嘘くさいというか偽善の匂いがするんだよなあ。支援団体の幹部が実は提供というシステムを作った人物と関係があったりしてね。
あと、このドラマの世界では、思ってたより「提供」という行為が日常的にある世界なんだなあって思った。いろんな意味で。
真美たちのコテージでは、みんな当たり前のようにタバコ吸ってたけど、そうすると臓器が少なからず劣化するから、タバコは「提供」することに対する反抗の意思なのかな、ある意味。学苑でタバコが悪の象徴みたいに言われてたのは、そういう側面があるからなのかなって思った。

このドラマ、視聴率は芳しくないみたいだけど、私は好き。しかも、だんだん面白く感じてる。視聴率があんまり伸びないのは題材が一般受けしないからなんだと思うけど、もったいないな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪盗山猫 #4

わー、キター。カメレオンと呼ばれる「消し屋」。しかもサイコパス!これって勝村=成宮くんなんじゃないの?「カメレオン」なんだから、どんなキャラにもなるっていうことだよね。だったら今の勝村みたいな誠実ですぐ騙されちゃうようなキャラも装うキャラとしてはありってことだよね。てか、もしかして二重人格的なこともあり得るかも?誠実なキャラも、消し屋としてのキャラもどっちもほんとの勝村、みたいな。
すっかりカメレオン=勝村って思ってますけど、やっぱり、ただの弄られキャラのために成宮寛貴という俳優をキャスティングするわけないもんね。うんうん。
今回(ってか、もしかしたら知ってて仲間にしたのかもしれないけど) 、山猫の中に勝村への疑念が生じたような描写があったので、勝村がカメレオンじゃないとしても、山猫と勝村の何かしらの衝突があるってことだよね。楽しみ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪盗山猫 #2、#3

成宮くんが山猫に騙されてひどい目にあうのは毎回のお約束なのね。騙される成宮くんはかわいいけど、だからってまだまだ黒幕説は捨ててませんw。


佐々木蔵之介さんが山猫の仲間だったっていうのはびっくり。銭形警部みたいにずっと山猫を追いかける存在なのかと思ってた。
この関本と山猫、藤堂(さくらのお父さんも?)がユウキテンメイという謎の人物とどういうつながりで、どう対峙するのかっていうのがこのドラマの縦軸になって語られていくことになるのね。そこで成宮くんがどういう立ち位置なのか、最後までただの弄られキャラで終わるのか、それともユウキテンメイ側の人間だったりするのか、興味深いです。

3話ゲストの加藤諒くん、よかった!加藤諒くん、いいキャラしてるよね。1話で死んじゃうのはもったいない。
加藤諒くん、ちょっと前にフジの深夜にやってたEXILEの番組の冒頭で踊ってたけど、カッコ可愛かったです。5歳からダンスやってるそうな。
加藤諒くん、ここのところすごくフィーチャーされてるのはなんとなくうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.05

わたしを離さないで #2、#3

1話から恵美子先生が靴に執着してたり、2話でいなくなった子供たちの死の象徴として血だらけの靴が使われてたり、靴には何か特別な意味があると思ってたけど、発信機ですか。逃げることを想定してのことなのか、全ての「提供者」を管理するためなのか。

そして、真美は、その事を知っていた、と。真美は、自分たちが普通の人間ではなく、しかも、普通の人間からしたらゴキブリのような得体の知れない生き物であることも知ってた。あの学苑で純粋培養された子供にとっては、到底知り得ない事実だと思うんだけど、真美はどうして知ってるの?もしかして、「外の世界」と繋がってたりするのかな。
2話3話で、恭子たちがいる学苑の立ち位置とか、卒業したらどうなるのかとか、逃げ出そうとしたらどうなるかってことがわかってきた。逃げ出そうとした子供は「子供に対する提供者」にされてしまう、逃げ出そうなどと考えずに無事に過ごしたら、提供までに数年の猶予が与えられる、と。それは、恭子たちの学苑の生徒が従順だから与えられている特権だと、、、てことは、他にも似たような施設があるってことだよね。
このドラマって、この辺のことを単に説明するんじゃなくて、ちゃんとしたエピソードと絡めて語ってるよね。森下さんの物語の作り方って、すごいなって改めて思った。
そして、友彦と恭子と美和の関係。ちょっとしたすれ違いで自分の好きな男の子が自分の友だちと付き合うことになり、ほんとは好きなのに(両想いなのに)、つい「なんとも思ってない」とか言っちゃうって、少女マンガとかラブコメとかににありがちなシチュエーション。でも、「提供者であること」が絡むとこんなにも重苦しくなるのかと思ってしまいましたw。
これから、自分の好きな男の子が他の女の子とつき合ってるのを日常として受け入れて暮らさなければならないという恭子にとっては地獄のような日々が始まるわけだけど、そこに何かしらの救いはあるんだろうか。
それにしても、友彦の春馬くん。子役の友彦が演じた細かなクセをものの見事に再現してて、しかも、大人用に微妙にアレンジしてて、、、。やっぱ、春馬くんはできる子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.31

ピンクとグレー

公開初日に、見て来ました。
映画は二人の男の子と一人の女の子の物語。リバちゃんとゴッチという二人の男の子が芸能界に入って、かたやスターにかたや芽が出ずに腐ってしまうという極端な人生を歩む。でも、24歳の誕生日にスターだったゴッチが自殺してから、リバちゃんの運命が劇的に変わっていく。まるでリバちゃんとゴッチの立ち位置が入れ替わったかのように。ゴッチはどうして自殺したのか、リバちゃんはそれをどう受け止めて生きて行くのか、という話。

東京国際映画祭での先行上映で見てるので2回目。ちょっとした仕掛けのある映画なんだけど、仕掛けがわかって見ても、いろいろ発見があって楽しい。 でも、1回は知らないで見た方がいいと思うので、ネタバレの感想はたたんでおきます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.29

臨床犯罪学者 火村英生の推理 #1

面白かった、けど、出てきた瞬間に高杉くんが犯人てわかっちゃうのはどうなのよ、と思いましたw。殺された4人の女性の背景をもう少し描いてれば、って思うけど、1時間ちょっとでは難しいんだろうし、このドラマはテレ朝の刑事ものみたいな感じで見るドラマじゃないんだろうから、これはこれでいいのかな。
テレ朝の刑事ものじゃないとすればどんな感じなのかっていうと、斎藤工さんと窪田正孝くんがわちゃわちゃしながら謎を解いていくのを楽しむドラマなのかな、と。
というわけで、窪田くんかわいい、窪田くんと工さんのセットの感じがかわいい(泊めてくれないんだ、とか^^;)、窪田くんとにゃんこがかわいい、という感じの感想でした。
ただ、窪田くんのモノローグのところだけ、ちょっとだけシリアスな感じになるよね。それは、火村という人物や火村とアリスの関係が深く掘り下げられる時に生きてくるのかなあと思う。
その反面、あの怪しげな団体が出てくると途端にドラマが安っぽい感じになるんだよね。原作は未読なので、原作通りなのかドラマオリジナルなのかわかんないけど、ハセキョーとあの団体は何なの?火村の過去と何か関係があるの?そこは特に掘り下げてくれなくていいけど、今後語られる時が来るのかな。夏木マリさんがあの団体の関係者だったり、、、しないか^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.26

怪盗山猫 #1

原作は未読。なので、原作通りなのかドラマオリジナルなのかわかりませんが、山猫が思ったより軽いってかチャラいのが意外だった。もっとクールなのかと思ってた。あと、山猫が何をしたい人なのかいまいち伝わらなかったなあ。怪盗って言ってるけど、真央に熱く語ってみたり。そのへんはこれから明らかになっていくのかな。
武藤将吾さんはクローズとかシバトラとかの脚本を書いた人で、面白いと思うところもあるけど、ちょっと合わないなあと思うところもあるのよね。ま、そうは言っても、亀梨くんと成宮くんの並びはよかったので今後に期待して見続けます。

シバトラにも出てた塚地さん演じる 細田があっさり殺されたのにはびっくり。状況や真央のモノローグでは山猫が殺した体だけど、ミスリードだよね、きっと。 細田を操っていた黒幕が、 もろもろバレたので口封じに消した、と想像してますが。その黒幕が成宮くんだったら笑うw。
成宮くんにしたらめずらしいくらいのまじめ&かわいいキャラなんだけど、わざわざ成宮くんをキャスティングしといてただの爽やかキャラっていうのも考えにくいしねw。
いろんなドラマ好きさんの感想を読んでると、みなさん相棒のアレがけっこうトラウマらしく、成宮くん黒幕説がけっこうあった。かくいう私もそうなので、半ば覚悟して見てますw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.20

わたしを離さないで #1

今さらですが、あけましておめでとうございます。
しばらく放置してましたが、今期は楽しみなドラマが多いので、ドラマの感想書こうかな、と思います。
最初は、三浦春馬くんの「わたしを離さないで」。そう言えば前回、最終回まで感想書いたドラマは、同じ三浦春馬くんの「僕がいた時間」だったなあ。

原作は未読。でも、「臓器提供」が関係してるっていうのはなんとなく知ってた。でも、冒頭のシーンみたいな残酷な、ある意味機械的なものだとは思ってなかったから、ドキドキした。

冒頭のシーンからすると、恭子や友彦がいたあの学園は、クローン技術か何かで「作られた」子供たちが「臓器提供」という目的のために「生かされている」場所だっていうことだよね。ただ、クローンだろうが何だろうが生まれてきた子供たちにはちゃんと人格があり個性がある。だから、「提供する天使だ」などという詭弁で子供たちを洗脳してる、と。子供たちにそれを告げる麻生さんの怖いことと言ったら!

で、冒頭のシーン。春馬くん演じる友彦が臓器を摘出されたように見えたのはミスリードなんだよね?それとも、1個くらいはとられたのかな。どっちにしても、手術台に乗せられていた友彦はどういう状態なのか、「天使だ」と告げられた子供時代から、無表情で人間を「処理する」までの間に恭子に何があったのか、これから語られるわけだけど、思ったより重い内容に慄いてます。でも、こういう感じ、嫌いじゃないし、面白かったです。思ったよりSFだったし。

初回の春馬くんは寝てただけだったけど、まさかこの先ずっと寝たきりってことはないと思うので、この後どんな春馬くんを見せてくれるのか、楽しみです。

こう言ったらなんだけど、春馬くんて、あんまりいいドラマに恵まれてないよね。ラストシンデレラみたいに視聴率はとっても中身があれだったり、今回やっとしっかりした脚本のドラマに出れる!って思ったら視聴率悪いし。。。

ま、脚本の森下さん始め、このドラマのスタッフのことは信じてるので、今後のドラマの展開に期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.07

RED

小栗くんの新しい舞台の情報が出ました。

作:ジョン・ローガン
翻訳・演出:小川絵梨子
出演:小栗旬 田中哲司

二人芝居のようです。

画家ロスコを描いた舞台 『 RED 』
↑の記事によると、

高級レストランに依頼された壁画の制作に取り組むロスコと、アシスタントのケンが交わす言葉のやり取りから、アーティストが抱える心の葛藤や、当時のアートシーンの状況など、芸術を取り巻くさまざまなものを浮き彫りにしていく、濃密な人間ドラマだ。

演出は小川絵梨子さん。小川絵梨子さんはヒストリーボーイズを演出した方です。
ヒストリーボーイズも翻訳劇でしたが、なかなか面白い演出で、とてもいい舞台でした。
ヒストリーボーイズは、2014年に見た舞台のベスト3に入る舞台でした。

小栗くんと田中哲司さんの二人芝居を、ヒストリーボーイズの小川絵梨子さんの演出で見られるなんて、、、すごくうれしいです。

http://www.tristone.co.jp/oguri/information/detail.php?id=1423103276

http://www.siscompany.com/red/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.10

ST~赤と白の捜査ファイル~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.07

真夜中の5分前/本多孝好

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.04

五右衛門vs轟天

新感線の新作、発表になりましたねー!

五右衛門vs轟天

ゲストは賀来賢人くん!に池田成志さん!
賀来くん、おちゃらけキャラがハマるから、新感線あうと思うんだよねー。
楽しみだー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.27

海月姫

tweet埋め込めるって初めて知った^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.13

アオハライド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«皆既食